HOME >> PR誌「未来」

PR誌「未来」since 1964

最新号

  • PR誌「未来」バックナンバー
  • ご購読のお申し込み

未来NEWS

  • 2015年冬号より、表紙デザインは戸田ツトム氏、写真は濱浦惠美子氏でお届けしております。
  • 2014年10月号をもちまして、月刊をいったん終結し、15年1月号より季刊として刊行いたします。また季刊化にともない、頒価を100円から200円に変更いたします(年間購読料は800円になります)。今後ともご愛顧くださいますようお願い申しあげます。
  • 2013年5月号より表紙デザインは戸田ツトム氏でお届けしております。
  • 2010年5月号より表紙デザインは戸田ツトム氏、画は青野なるみ氏でお届けしております。(~2013年4月号)
  • 2008年5月号より表紙デザインは戸田ツトム氏、画は武藤良子氏でお届けしております。(~2010年4月号)
  • 2007年10月号より始まりました小林康夫氏による連載「思考のパルティータ」は、UTCP(東京大学グローバルCOE「共生のための国際哲学教育研究センター」)での、「哲学の樹」企画と連動しております。同サイトにもテクストが転載されています。(~2009年12月号)

最新号

「未来」2017年夏号(No. 588)

「未来」2017年夏号(No. 588)

星形の庭の明るい夢(1970-1989)――オペラ戦後文化論II(6)   小林康夫
「教養宗教」としてのプロテスタンティズム 宗教改革百周年はどう祝われたか  宗教改革から五百年1   深井智朗
視点と死角  かなりやの国から2   高梨ひばり
望郷  岸辺のない海――石原吉郎ノート8   郷原宏
憧れと挫折  『挾み撃ち』の夢――後藤明生の引揚げ(エグザイル)《全6回》4   東條慎生
ライプニッツの多文化主義頌歌『中国最新事情』(2)  中国論・論中国・On China10   佐々木力
自由世界の指導的な役割は今後ヨーロッパに移るのか?  ドイツと私85   永井潤子
私の著作集   加藤尚武
加藤尚武著作集いよいよ刊行へ  出版文化再生29   西谷能英

「未来」2017年春号(No. 587)

星形の庭の明るい夢(1970-1989)――オペラ戦後文化論II(5)   小林康夫
一五一七年から一六一七年へ 宗教改革百周年はどう祝われたか  《新連載》宗教改革から五百年1   深井智朗
貧困とは何か  《新連載》かなりやの国から1   高梨ひばり
先手と後手――川満憲法草案と知念ウシの実践  《新リレー連載》沖縄のいまとこれからを考える1   宮平真弥
ガリバーの「格闘」  《全6回》『挾み撃ち』の夢――後藤明生の引揚げ(エグザイル)《全6回》3   東條慎生
ライプニッツの多文化主義頌歌『中国最新事情』(1)  中国論・論中国・On China9   佐々木力
強制と共生  岸辺のない海――石原吉郎ノート7   郷原宏
メルケル首相の対抗馬、人気上昇中のマルティン・シュルツ氏  ドイツと私84   永井潤子
大いなる裏切り――辺野古埋立て承認取消しの取消し  出版文化再生28   西谷能英

「未来」2017年冬号(No. 586)

星形の庭の明るい夢(1970-1989)――オペラ戦後文化論II(4)   小林康夫
デリダ『最後のユダヤ人』によせて   渡名喜庸哲
本当の絶望を知る者だけが希望の意味を知る   高橋美香
岸辺のない海――石原吉郎ノート6(六)   郷原宏
回帰する朝鮮  『挾み撃ち』の夢――後藤明生の引揚げ(エグザイル)《全6回》2   東條慎生
多民族国家中国について考える  中国論・論中国・On China8   佐々木力
〈水〉と〈骨〉と〈島ぷしゅー〉の想像力――ノン・コンフォーミズムへの回路を巡る
《リレー連載》オキナワをめぐる思想のラディックスを問う9   仲里効
トランプショックとドイツの反応  ドイツと私83   永井潤子
それでも専門書を売る――柴田信さんを偲んで  出版文化再生27   西谷能英

バックナンバー

最新号(2017)2016201520142013201220112010200920082007200620052004

ご購読のお申し込み

本誌「未来」は原則として直接購読をお願いしております。1年(全12号)ご予約いただきますと、送料・税込みで1200円です。
ご希望の方には見本誌をお送りいたしますので、小社までご連絡ください。
(tel:03-3814-5521/info@miraisha.co.jp)。