HOME >> 西谷社長日録

西谷社長日録

日録2017年3月

バックナンバー:

日録2017/3/23(木)

掲載日:2017年3月24日

*星野太『崇高の修辞学』の第九章「読むことの破綻――ポール・ド・マンにおける『崇高』と『アイロニー』」のつづき、さらに結論、あとがきを読む。博士論文だったらしく、綿密な構成だ。→「読み書き日録」。
*DELLテクニカルサポートにtel。DVD-RWドライブが起動しない件を聞こうとしたら、いちおう立ち上がってくる。~Brother HL-2240Dのプリンタドライバの再インストールをしようとすると、すでにインストール済みにつき、追加するものはないと。一太郎2014徹も確認。~その後、プリンタドライバとWinLPrtをアンインストールして再インストール。パソコンも再起動してやっと正常になる。社内LANにうまく入れず、木村雅巳君にtelして聞く。もともとユーザ名とパスワードがあったとのことで入力してパス。あとはネットワークドライブの割り当ての方法も聞く。フォルダはできない由。以前はできたはずだが。
*神戸会計事務所にtel。パソコンを変えたのでACELINK Navi記帳くんの再インストールとセットアップが必要。とりあえずメディアでインストールしてライセンスキー再発行まで進める必要あり。~ACELINK Navi記帳くん Version10 R3をインストールしてライセンスキー再発行申請書の作成&印刷してミロク情報サービスにFAX。~ミロク情報サービスよりE-mailで製品ライセンスキー、とどく。~さっそく登録。~神戸龍典さんからtel。アップデートプログラムが40MBもあるので、CDにして送るとのこと。さらにE-mailでインストールデータもとどく。
*中島吉弘『梯明秀の物質哲学』の原稿読み+テキスト修正、つづける。「終章 三木哲学批判と戦時下の抵抗」の第二節の2項以降、あとがきまでようやくすべて終わる。あす後半の仮ゲラを印刷して中島さんに送る予定。→「読み書き日録」「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。
*中国新聞社の荒木さんより返信E-mailできのう送った「『中国山地 過疎50年』刊行によせて」修正文、受取りの連絡。
*きのうのジュンク堂で仲宗根勇・仲里効編『沖縄思想のラディックス』が最初の8冊目売れ、『福島の民話 第二集』『日向の民話 第二集』が各1冊(「[新版]日本の民話」シリーズ累計1498冊)、など。紀伊國屋書店でジャック・デリダ『嘘の歴史 序説』が今月1冊目(累計22冊)、『中国山地 過疎50年』が6冊目(累計104冊)、「[新版]日本の民話」シリーズが54冊(累計1691冊)、など。アマゾンで『中国山地 過疎50年』が13冊目(累計133冊)、『父ちゃんは写真家――平敷兼七遺作集』が5冊目(累計28冊)、木村友祐『イサの氾濫』が31冊目(累計511冊)、笠原賢介『ドイツ啓蒙と非ヨーロッパ世界』が1冊目(累計4冊)、ほかにポイエーシス叢書が2冊、石川真生写真集『FENCES, OKINAWA』『日の丸を視る目』など。→「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。
*9日以降の売上げ伝票のチェック。「66期月別売上げ台帳.xls」3月最新版、作成&印刷。
*テレビでサッカーのワールドカップ・アジア最終予選、日本対UAE戦を観戦。日本が2対0で勝つ。

日録2017/3/22(水)

掲載日:2017年3月23日

*星野太『崇高の修辞学』の第九章「読むことの破綻――ポール・ド・マンにおける『崇高』と『アイロニー』」の途中まで読む。《近年の批評の発展は、_¨規範的かつ記述的なかつての修辞学ではなく¨_、修辞的比喩の志向性をめぐる、多かれ少なかれ開かれた問いを提起するものとしての修辞学の可能性を明らかにしている。》(240ページ、ド・マン「時間性の修辞学」からの孫引き)まさにその通り! レトリック研究はいまや現代表現論の基軸となるものだ。→「読み書き日録」「twitter.com/nstn49」。
*DELLテクニカルサポートにtel。DELL Precision タワー 3420のテンキー入力ができないこと、Microsoft Office2016のプロダクトキー入力がエラーになってしまう件で問合せ。いろいろやってみるが、うまくいかず。Microsoftのアンサーデスクでプロダクトキー問題を解決できるとのこと。~Microsoftアカウントを作る必要がありそうなのだが、メールアドレスが登録ずみと出てしまって作れず。~ユーザアカウントを別名で作ってみると、テンキー入力ができるようになるが、セットアップがいろいろ必要なので面倒。~DELLテクニカルサポートに再tel。プロダクトキー問題はOまたは0でなくてQだったことがわかる。Oと0は使わないことになっている由。テンキー問題はユーザプロファイルに問題がある場合は、修復不可。結局、新しいユーザアカウントを作ったほうがいいことに。~とりあえずユーザアカウントを再設定し、細かい設定のし直しをすることに。「秀丸設定.reg」で秀丸環境を一括復元。「ATOKユーザ辞書.txt」から単語登録770項目を一括登録。ATOKのプロパティ設定でテンキー問題解決。Dropbox, Evernote, QTClip, WinLPrt, Gmail, Firefoxも復元。一太郎が見つからず。Brother HL-2240Dのプリンタドライバの再インストールが必要になるが、DVD-ROMドライブが動かない。あすまたテクニカルサポートに連絡する必要あり。
*中島吉弘『梯明秀の物質哲学』の原稿読み+テキスト修正、つづける。「終章 三木哲学批判と戦時下の抵抗」の第二節の1項までしか進まず。→「読み書き日録」「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。
*中国新聞の荒木さんより返信E-mailできのう送った原稿「『中国山地 過疎50年』刊行によせて」の手直しの箇所の依頼。~のち、telあり。手直しをしてほしい部分を聞く。過疎の問題が全国的な問題であることをもうすこし強調することにし、本の企画と進行にかんする部分は縮小することに。~夜、かなり加筆と修正。荒木さんにE-mailで送付。→「読み書き日録」「twitter.com/nstn49」「twitter.com/miraishajp」。
*きのうのジュンク堂でジャック・デリダ『嘘の歴史 序説』が今月12冊目売れ(累計51冊)。紀伊國屋書店で木村友祐『イサの氾濫』が6冊目(累計167冊)、『中国山地 過疎50年』が5冊目(累計103冊)、など。アマゾンで『Hiromi Nagakura 長倉洋海写真集』が4冊目の予約、など。
*全体会議。4時すぎ~5時半。未來社流通センターから宮川君、来社。
*WBC準決勝で日本は菅野が好投するも、アメリカに1対2で惜敗。
*鮎川信夫現代詩顕彰会より贈呈式の案内状とどく。4月7日(金)6時から。アルカディア市ヶ谷にて。
*仲里効さんよりE-mailで「琉球新報」3月20日~22日号に掲載された「沖縄戦後思想と実践の射程――高橋哲哉氏に答える」上中下のPDFとどく。~データをダウンロードして印刷。読む。高橋さんの批判文を読んでいないので確かなことは言えないが、基地引き取り論を、自身の問題として引き受けざるを得なかった沖縄人の内在的視点から「空隙」をもつものとして批判し、《植民地主義と共犯した戦争責任や戦後責任や復帰後責任を潜らない差別解消や平等は虚妄である。》と反論している。これは仲里さんらしい沖縄思想のラディックスに依拠した視点からの対応だ。→「読み書き日録」「twitter.com/nstn49」「twitter.com/miraishajp」。

日録2017/3/21(火)

掲載日:2017年3月22日

*みずほeビジネスサイトにアクセス。きょうの入出金を確認&印刷。Brother HL-2240Dで印刷できるようになる。取引先振込み6件に振込み。~東京都民銀行ビジネスダイレクトにアクセス。きょうの出金を確認&印刷。~東京都民銀行インターネットバンキングにアクセス。取引先3件に振込み。~三菱東京UFJダイレクトにアクセス。取次先4件に振込み。
*きのうのジュンク堂で仲宗根勇・仲里効編『沖縄思想のラディックス』が最初の7冊目売れ、などポイエーシス叢書が2冊、など。アマゾンで『中国山地 過疎50年』が今月12冊目(累計132冊)、『鳥取の民話』が1冊(「[新版]日本の民話」シリーズ累計553冊)、『Hiromi Nagakura 長倉洋海写真集』が3冊目の予約、など。→「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。
*日本の民話別巻3『みちのくの和尚たち』の初校通読、はじめる。pp. 1-3, 9-39. はしがき3ページ、第一部古代6話27ページ。→「読み書き日録」「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。
*紀伊國屋NetLibraryの西田さん、来社。EBSCOとの契約更新ができず、3月までしか代理店をできないことになった由。継続サービスについても検討中とのこと。
*DELL Precision タワー 3420にフォントをインストールしていなかったので、追加インストール。プリンタ設定の間違いも発見。
*Microsoft Office2016のプロダクトキーが認証エラーになってしまう件でDELLの大坪さんにtel。あすテクニカルサポートに聞くことに。テンキーが入力できないことも。
*星野太『崇高の修辞学』pp. 211-232. 第八章「光のフィギュール――フィリップ・ラクー=ラバルトと誇張の哲学」を読む。《「崇高」は芸術の美的な現われの背後に潜むものであるにすぎず、それじたいとしてはいかなる把握からも逃れるものだとしたら、芸術において真に崇高なものとは、誰にも気づかれることなく、いかなる注意からも逃れるものにほかならない。》(228ページ)崇高なるものの逆説。→「読み書き日録」「twitter.com/nstn49」。
*「『中国山地 過疎50年』刊行によせて」を読み直し、加筆。~中国新聞社の荒木さんにE-mailで送付。→「読み書き日録」「twitter.com/nstn49」「twitter.com/miraishajp」。

日録2017/3/20(月=春分の日で休み)

掲載日:2017年3月21日

*星野太『崇高の修辞学』の第三部第七章「放物線状の超越――ミシェル・ドゥギーと『崇高』の詩学」を読む。ドゥギーとロンギノス『崇高論』の関係を論じる。〈崇高〉という概念は「大-言」というテクスト以外で触れられていないと星野は書いているが、ドゥギーの『ピエタ ボードレール』ではボードレールにかんして論じられている。〈高さ〉〈誇張〉等についても同様。してみると、同じ関心のもとに書かれたものかもしれない。→「読み書き日録」「twitter.com/nstn49」。
*きのうのジュンク堂でジャック・デリダ『信と知――たんなる理性の限界における「宗教」の二源泉』が今月3冊目売れ(累計72冊)、『秋田の民話』が1冊(「[新版]日本の民話」シリーズ累計1496冊)、など。アマゾンでジャク・デリダ『赦すこと――赦し得ぬものと時効にかかり得ぬもの』が4冊目(累計295冊)、『嘘の歴史 序説』が13冊目(累計60冊)、ほかにハーバーマス『公共性の構造転換』が2冊、東松照明写真集『camp OKINAWA』など。→「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。
*村山淳彦さんよりE-mailで『哲学を回避するアメリカ知識人――プラグマティズムの系譜』代送1冊、『エドガー・アラン・ポーの復讐』2冊を自宅に送ってほしいとの連絡。~了解の返信E-mail。
*中島吉弘『梯明秀の物質哲学』の原稿読み+テキスト修正、つづける。「終章 三木哲学批判と戦時下の抵抗」の第一節までスミ。→「読み書き日録」「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。

日録2017/3/19(日)

掲載日:2017年3月20日

*中島吉弘『梯明秀の物質哲学』の原稿読み+テキスト修正、つづける。「第六章 西田哲学批判と戦時下の抵抗」スミ。《梯〔明秀〕にあっては、非合理な歴史的事件はその合理化に向けて、疎外された文化的事実から社会的事実へ、社会的事実から制度的事実へ、制度的事実から階級的事実へ、階級的事実から歴史的事実へと、自己否定的実践を媒介として疎外されざる生産的自己としてある歴史的自己の自覚を探求すべき必然性にあるものなのである。》戦時中のバカげた軍国主義的盲動妄説をたんに排撃するのでなく、その拠ってきたるところの合理的解釈が可能であり、根拠づける必要を説く視点は今日にも通用する。→「読み書き日録」「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。
*「ガーネット」81号、読みつぐ。~了。同人詩誌のなかでは群を抜いて読みどころの多いもの。犬派(高階杞一)と猫派(大橋政人)が同居しているのもおかしい。→「読み書き日録」「twitter.com/nstn49」。
*日本の民話別巻2『みちのくの長者たち』の初校通読、つづける。pp. 141-194. 第一部青森県3話9ページ。第一部、スミ。つづけて第二部12話42ページ。この巻も読了。→「読み書き日録」「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。
*きのうのジュンク堂でジャック・デリダ『信と知――たんなる理性の限界における「宗教」の二源泉』が今月2冊目売れ(累計71冊)、佐々木力『反原子力の自然哲学』が2冊目(累計42冊)、「[新版]日本の民話」シリーズが6冊(累計1495冊)、ほかに[転換期を読む]シリーズが2冊、など。アマゾンで『父ちゃんは写真家――平敷兼七遺作集』が4冊目(累計27冊)、木村友祐『イサの氾濫』が29冊目(累計509冊)、『中国山地 過疎50年』が11冊目(累計131冊)、「[新版]日本の民話」シリーズが5冊(累計552冊)、など。→「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。
*『リルケ全集3 詩集III』の「ドゥイノの悲歌」の「第八の悲歌」の第2節~第5節の註解を読む。〈……彼等〔動物たち〕の存在は/無限で 意識に捉えられもせず また おのれの状態を/見るということもない ちょうど外を見つめる彼等の眼ざしのように それは純粋なのだ/そして私たちが未来を見るところに 彼等は一切を見ている/一切のうちに自己を 永遠にまったき存在である自己を見ているのだ〉このリルケの動物観はすばらしい。動物の純粋さを見ていると人間の浅ましさがときにいやになる。→「読み書き日録」「twitter.com/nstn49」。
*きのうの夜中に仲里効さんから送ってもらったきのうの「沖縄タイムス」掲載の『父ちゃんは写真家――平敷兼七遺作集』書評(タイラ・ジュン氏評)を取り込む。《平敷の子どもたちの熱意と、その思いに共感した人々が生み出した類い稀なる1冊》と。→「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。
*テオドール・W・アドルノ『否定弁証法』読みはじめる。《矛盾とは同一性の視点のもとで見られた非同一的なもののことである。弁証法における矛盾原理の優位は、異質なものを統一性の思考によって計る。統一性の思考がその限界につき当たる時に、その思考はおのれを乗り超えるのである。》(序論、11ページ)これじゃ弁証法は負けるわけがない。《哲学が本質というものをその有限な諸規定のうちに呪縛しうるという幻想は廃棄されねばならない。》(20ページ)《芸術を模倣し、みずから芸術作品たろうとするような哲学は、自分自身を抹殺することになろう。》(23ページ)《概念によって概念を超え出ようとする努力こそが、哲学の仕事なのである。》(24ページ)→「読み書き日録」。
*中国新聞社から依頼されている『中国山地 過疎50年』にかんする原稿をとりあえず書いてみる。1500字弱。細かいところはあとで確認する必要がある。タイトルはひとまず「『中国山地 過疎50年』刊行によせて」とする。→「読み書き日録」「twitter.com/nstn49」「twitter.com/miraishajp」。

日録2017/3/18(土)

掲載日:2017年3月19日

*星野太『崇高の修辞学』の「第六章 「美学的崇高」の裏箔――カント『判断力批判』における修辞学」読む。→「読み書き日録」。
*きのうのジュンク堂でジャック・デリダ『嘘の歴史 序説』が今月11冊目売れ(累計50冊)、木村友祐『イサの氾濫』が6冊目(累計178冊)、『佐賀の民話 第一集』が1冊(「[新版]日本の民話」シリーズ累計1489冊)、ほかに[転換期を読む]シリーズが2冊。紀伊國屋書店で笠原賢介『ドイツ啓蒙と非ヨーロッパ世界――クニッゲ、レッシング、ヘルダー』が1冊目(累計7冊)、など。アマゾンで『イサの氾濫』が27冊目(累計507冊)、『中国山地 過疎50年』が10冊目(累計130冊)、『天草の民話』『長崎の民話』が各1冊(「[新版]日本の民話」シリーズ累計547冊)、ほかにシュミット『政治的なものの概念』が2冊、など。→「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。
*日本の民話別巻2『みちのくの長者たち』の初校通読、つづける。pp. 107-140. 第一部岩手県8話21ページ、山形県3話9ページ、秋田県1話4ページ。→「読み書き日録」「twitter.com/miraishajp」。
*4月14日~16日の那覇行きのInternet予約。ホテルがなくなってきていて牧志駅そばの南西観光ホテルにする。→「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。
*仲里効さんよりE-mailでけさの「沖縄タイムス」に『父ちゃんは写真家――平敷兼七遺作集』書評掲載とのことでPDFを送ってくれる。
*乗松聡子さんより返信E-mailで『沖縄思想のラディックス』PDF版が届いたとのお礼。とりあえずこれで書評用に読み進める由。

日録2017/3/17(金)

掲載日:2017年3月18日

*みずほeビジネスサイトにアクセス。証明書取得パスワードで電子証明書を取得。きょうの入出金を確認。~のち、再アクセス。20日分資金振替として東京都民銀行春日町支店当座用、東京都民銀行振込み用、三菱東京UFJ銀行振込み用、文化産業信用組合本店当座月末用を振替。~東京都民銀行ビジネスダイレクト、三菱東京UFJダイレクトにアクセス。それぞれ入金を確認。
*日本の民話別巻2『みちのくの長者たち』の初校通読、つづける。pp. 71-106. 第一部岩手県90話36ページ。→「読み書き日録」「twitter.com/miraishajp」。
*天野さんより『イサの氾濫』の英語版権の件でタトル・モリ・エージェンシーと連絡してほしいとの著者の希望を聞く。~タトル・モリ・エージェンシーにtel。すでに新潮社からも話はきていて待ちの状態だった由。2社の作品を一冊にするということで、処理が面倒ということ。できれば2つの契約というふうに処理してもらいたいと伝える。条件交渉等はこちらで取り決めることで対応することにする。
*きのうのジュンク堂でジャック・デリダ『赦すこと――赦し得ぬものと時効にかかり得ぬもの』が今月4冊目売れ(累計230冊)、『父ちゃんは写真家――平敷兼七遺作集』が1冊目(累計13冊)、など。アマゾンで木村友祐『イサの氾濫』が2冊目(累計50冊)、など。
*紀伊國屋書店電子書籍部の名越さんよりE-mailでNetLibrary/2017年1月売上報告。
*仲宗根勇さんよりE-mailでカナダの乗松聡子さんからまだ書評用の仲宗根勇・仲里効編『沖縄思想のラディックス』が届いていないとのことで、困っている由。~萩原印刷の中山さんにtel。PDFを送ってもらうことに。~のち、E-mailで届く。~乗松さんにE-mailで転送。仲宗根さんにもCcで送付。→「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。

日録2017/3/16(木)

掲載日:2017年3月17日

*きのう小林康夫さんから連絡のあった京都グラフィのメールアドレスを水谷君に転送。~さっそく連絡してくれる。
*みずほe-ビジネスサイトにアクセス。きょうの出金を確認。~ヘルプデスクにtel。メインのパソコンを入れ替えるにあたってのユーザIDの移行の方法を聞く。セカンドマシンから証明書取得パスワード(1回きり使い捨て)の発行が可能になっているので、それから移行が可能ということを確認。~夜、DELL Precision M4700で証明書取得用パスワード再発行の手続き。
*中島吉弘『梯明秀の物質哲学』の第四章までの仮ゲラ印刷。50字×19行で本文134ページ、注は22ページ分。とりあえずできたところまで送ることにし、中島さんにtel入れ。~原稿読み+テキスト修正、つづける。家で「第五章 物質哲学の同一性と非同一性」スミ。→「読み書き日録」「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。
*国会図書館より在庫があったというオンデマンド版日本の民話が返品されてくる。納入書を新たに記入して作成し直した納品書とともに送り直す。
*DELL Precision タワー 3420のDVD-RWが動くようになり、一太郎10+ATOK13をまずインストールし、つづけて一太郎12+ATOK15~一太郎2014徹+ATOK2014を連続ヴァージョンアップ・インストール。ATOKユーザ辞書を更新し、単語一括登録。963項目。~とりあえず仕事をこちらで始めてみる。~Brother HL-2240Dのプリンタドライバをインストール。ChromeのインストールとGmailの設定。OpenOffice4.1.2をインストール。WinLPrtのインストールと書式ファイルの取り込みもうまくいく。QTclipもインストール。途中で木村雅巳君にtel。結局、来てもらい、G-mailの拡張とFirefoxのブックマークの取り込みをしてもらう。
*きのうのジュンク堂で仲宗根勇・仲里効編『沖縄思想のラディックス』が最初の6冊目売れ、などポイエーシス叢書が2冊、『中国山地 過疎50年』が4冊目(累計61冊)、『信濃の民話』『兵庫の民話』が各1冊(「[新版]日本の民話」シリーズ累計1488冊)、など。アマゾンで『沖縄思想のラディックス』が8冊目(累計10冊)、ジャク・デリダ『赦すこと――赦し得ぬものと時効にかかり得ぬもの』が3冊目(累計294冊)、などポイエーシス叢書が3冊、木村友祐『イサの氾濫』が25冊目(累計505冊)、ほかに『宮本常一著作集』が2冊、『ブレヒト戯曲全集』が2冊、など。→「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。
*「森羅」3号、通読。→「読み書き日録」「twitter.com/nstn49」。

日録2017/3/15(水)

掲載日:2017年3月16日

*「春秋」2/3月号の島薗進論考を読む。→「読み書き日録」「twitter.com/nstn49」。
*星野太『崇高の修辞学』の第二部「第四章 崇高論の『発明』――ボワロー『崇高論』翻訳と新旧論争」読む。→「読み書き日録」「twitter.com/nstn49」。
*中島吉弘『梯明秀の物質哲学』の原稿読み+テキスト修正、つづける。「第四章 全自然史の同一性と物質の構想力」スミ。詳細な議論だが、梯哲学に疎い者にとっては難解だ。→「読み書き日録」「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。
*みずほe-ビジネスサイトにアクセス。きょうの出金を確認&印刷。取次入金、ほか。きょうの書協年会費振込み。
*きのうのジュンク堂で仲宗根勇・仲里効編『沖縄思想のラディックス』が最初の5冊目売れ(那覇店で最初の1冊)、ほかにハーバーマス『コミュニケイション的理論の行為』が1セット、など。紀伊國屋書店で『讃岐の民話』が1冊(「[新版]日本の民話」シリーズ累計1637冊)、など。アマゾンで木村友祐『イサの氾濫』が今月24冊目(累計504冊)、[転換期を読む]シリーズが2冊、喜納昌吉『沖縄の自己決定権』など。→「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。
*小林康夫さんよりtel。ミケル・バルセロが4月に来日、京都グラフィというところでイベントがあるので、『ミケル・バルセロの世界――形という生命/物質と暴力』を置いて売ってくれるという話。あとで連絡が来るらしい。~のち、E-mailあり。
*DELLの大坪さんにtel。モニタ接続はいまはすべてディスプレイポート(DP)形式になっているとのことで、付属していたのは変換用。従来のケーブルをつなげば使えるはず、と。~予備のモニタを入れ替えてDELL Precision タワー 3420のセットアップ。なんとか起動できるようになる。Precision T1600のほうも古いモニタケーブルでなんとか起動する。当面は移行のためしばらく2台併用する必要あり。まずは秀丸エディタをインストール。「秀丸設定.reg」で一括復元。ネットワーク設定でいろいろ。木村雅巳君にも教えてもらいながら、なんとかつながるようになる。社内LANもOKに。Firefox, Dropbox, Evernote, Lhaca, DiskMirroringTool1.21をインストール、設定。さらに一太郎+ATOKをインストールしようとするが、DVD-RWドライブが反応せず。
*中国新聞社・荒木さんよりtel。先日E-mailで話のあった、出版からみた『中国山地 過疎50年』についての原稿の件。過疎とInternetの関係などの新しい展開が見えること、など。調整をしてあらためて連絡くれる由。~のち、telあり。原稿依頼。12字×120行を目安に。早ければ早いほどいい由。連休明けに送稿する予定と伝える。→「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。

日録2017/3/14(火)

掲載日:2017年3月15日

*「UP」3月号に目を通す。長谷部恭男のミッテラン暗殺未遂事件の紹介記事を読む。ドゴールも狙われたらしい。《フランスの政治家の生涯を知ると、日本の政治生活の平和さに思いをいたさざるを得ない。おなかが痛いからとか、自転車事故で怪我を負ったからといって、首相や幹事長を辞める方々とでは、くぐり抜けた修羅場の質に隔たりがあるのではなかろうか。》と長谷部は書いているが、まったくその通り!→「読み書き日録」「twitter.com/nstn49」。
*ACELINK Navi記帳くんで振替伝票の起票&印刷。書協年会費、取次入金、資金振替、20日振込み分、月末振込み分、健康保険、水道光熱費、受取版権料、直販売上げ、ほか。出納帳(振替貯金)に記帳。~「資金振替.ods」3月版、「66期みずほ当座残高表.xls」最新版、作成&印刷。
*DELL Precision タワー 3420 XCTOベースが届く。意外に早かった。~とりあえずセットアップ。モニター接続がこれまでと異なっていることを発見。~木村雅巳君にtel。どうやら新しい規格のディスプレイポートというものらしい。接続ケーブルを買う必要あり。~形状を写真に撮って、木村君にE-mailで送付。~のち、木村君からE-mailでいろいろ教えてもらう。もしかすると付属品にあったかも。
*日本の民話別巻2『みちのくの長者たち』の初校通読、つづける。pp. 40-70. 第一部宮城県8話24ページ、岩手県2話7ページ。→「読み書き日録」。
*国会図書館の伊藤さんよりtel。先日納品したオンデマンド版にかんし、日本の民話シリーズは全巻揃っていたとのことで返品になる。納品書と納入書を作り直してほしいとのこと。がっかり。
*きのうのジュンク堂でジャック・デリダ『嘘の歴史 序説』が今月10冊目売れ(累計49冊)、木村友祐『イサの氾濫』が5冊目(累計177冊)、ほかにシュミット本が4冊、など。紀伊國屋書店で仲宗根勇・仲里効編『沖縄思想のラディックス』が最初の3冊目、『イサの氾濫』が5冊目(累計166冊)、『尾張の民話』『佐渡の民話 第二集』が各1冊(「[新版]日本の民話」シリーズ累計1636冊)、など。アマゾンで『沖縄思想のラディックス』が7冊目(累計9冊)、『イサの氾濫』が21冊目(累計501冊)、など。
*星野太『崇高の修辞学』の「第三章 瞬間と永遠を媒介するもの――『カイロス』と『アイオーン』」のつづき~了。《そもそも引用という行為は「言表されたこと」を反復するのではなく、「言表すること」そのものを反復する……つまり、話し手から聞き手へと伝達される崇高なロゴスを――人々の記憶において――永遠なるものへと変えるのは、語られた内容(「言表されたこと」)そのものではなく、むしろこの語り(「言表すること」)の反復なのである。》(96ページ)意味の伝達から意味を言表する行為そのものの評価へ。ここには引用という記号作用の高次化が見られる。これで第一部、終り。→「読み書き日録」「twitter.com/nstn49」。

日録2017/3/13(月)

掲載日:2017年3月14日

*「図書」3月号に目を通す。柄谷行人によれば、島崎藤村の『夜明け前』の主人公、青山半蔵は藤村の父をモデルにしていたという。平田篤胤派の神官で、柳田國男の父と共通するところがおもしろい。→「読み書き日録」「twitter.com/nstn49」。~のち、竹中英俊さんからコメント。「青山半蔵は、平田派国学を身につけた、馬籠宿の本陣・庄屋の当主であることが、この小説の上では重要」と。このひとは物知りだなあ。
*大阪屋栗田の古市さんがすでに来社していて、3月いっぱいで退社の挨拶。4月からのことも聞く。
*「[新版]日本の民話」シリーズ第24回配本(70巻/水澤謙一編『越後の民話 第二集』、71巻/宮地武彦編『佐賀の民話 第二集』、72巻/日向野徳久編『茨城の民話 第二集』)できる。→「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。
*中島吉弘『梯明秀の物質哲学』の原稿読み+テキスト修正、つづける。「第三章 労働過程の存在論と批判的技術学」スミ。これでちょうど半分。→「読み書き日録」「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。
*きのうのジュンク堂でジャック・デリダ『嘘の歴史 序説』が今月8冊目売れ(累計47冊)、仲宗根勇・仲里効編『沖縄思想のラディックス』が最初の4冊目、木村友祐『イサの氾濫』が4冊目(累計176冊)、ほかにスタニスラフスキー『俳優の仕事』が1セット、など。紀伊國屋書店で木村友祐『イサの氾濫』が4冊目(累計165冊)、『天草の民話』が1冊(「[新版]日本の民話」シリーズ累計1634冊)など。アマゾンで『イサの氾濫』が19冊目(累計499冊)、『中国山地 過疎50年』が9冊目(累計129冊)、「[新版]日本の民話」シリーズが7冊(累計545冊)、ほかにポイエーシス叢書が2冊、など。→「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。
*日本の民話別巻2『みちのくの長者たち』の初校通読、はじめる。pp. 1-3, 11-39. はしがき3ページ、第一部福島県4話10ページ、宮城県7話17ページ。→「読み書き日録」「twitter.com/miraishajp」。
*未來社流通センターよりE-mailで15日の入金予定(「66期取次入金票.xls」)とどく。~「取次入金一覧.ods」最新版、作成&印刷。
*佐々木力さんよりE-mailで5日の高木仁三郎論集企画会議の議事録のようなもの、とどく。

日録2017/3/12(日)

掲載日:2017年3月13日

*中島吉弘『梯明秀の物質哲学』の原稿読み+テキスト修正、つづける。「第二章 全自然史の思想と労働の疎外」スミ。→「読み書き日録」「twitter.com/miraishajp」。
*きのうのジュンク堂でジャック・デリダ『嘘の歴史 序説』が今月7冊目売れ(累計46冊)、『中国山地 過疎50年』が3冊目(累計60冊)、『佐渡の民話 第二集』が1冊(「[新版]日本の民話」シリーズ累計1486冊)、ほかにハーバーマス本が4冊、など。紀伊國屋書店で木村友祐『イサの氾濫』が3冊目(累計164冊)、などアマゾンでジャック・デリダ『嘘の歴史 序説』が12冊目(累計59冊)、『中国山地 過疎50年』が8冊目(累計128冊)、『京都の民話』が2冊(「[新版]日本の民話」シリーズ累計538冊)、ほかに『梯明秀経済哲学著作集』が2冊、『シランフーナー(知らんふり)の暴力──知念ウシ政治発言集』など。→「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。
*日本の民話75『奈良の民話』の初校通読、つづける。pp. 252-307. 吉野(南和)の部18話42ページ+わらべ唄14ページ。この巻も読了。これで残すは別巻4冊のみ。→「読み書き日録」「twitter.com/miraishajp」。

日録2017/3/11(土)

掲載日:2017年3月12日

*6年目の3. 11。
*星野太『崇高の修辞学』第一章「真理を媒介する技術――『ピュシス』と『テクネー』」読了。《ロンギノスは、冒頭でこそ崇高なるものに達するための「方法」の必要性を説きながら、実際にはその大部分は語り手の偉大な思考と感情の反響であるとし、それを技術的な次元から切り離そうとするのである。》(47-48ページ)星野はロンギノスの『崇高論』という著作の難解さは、このテクネーの扱いにあり、この著作を「不必要に難解なものにし、その議論に混乱を招く最大の要因になっている」と解説している。なるほどそういう本か。《もっとも効果的な比喩とは、それが比喩であるという事実を隠すような比喩なのだ。》(49ページ、ロンギノスからの引用)この定義はすばらしい。《「ピュシス」と「テクネー」の互恵的な関係によって生じる、_¨言語の根源的なエコノミー¨_の構造》(53ページ)とは詩の理想的なことばのありかたであろう。記憶すべきことばだ。結論としては――《真理は、比喩の適切な使用法をはじめとする修辞的な次元によってはじめてそれとして明らかにされるのであり、それなしには出来事の本来的な次元――これこそがもっとも本来的な意味での「ピュシス」である――が開示されることはない。》(57ページ)→「読み書き日録」「twitter.com/nstn49」。
*「イリプスIInd」21号、読了。藤井貞和の講演記録など、なかなか充実した内容だ。八重洋一郎の詩「山桜――敷島の大和心を人問はば朝日に匂ふ山桜花」がすばらしい。日米の軍事的癒着と米軍得意の「オフショアー・バランシング(沖合作戦)」つまり敵を叩くのに敵の敵を使うという、自分は手を汚さない(金は出す)策略に使われる日本、そしてすぐその猿まねをして沖縄や南西諸島を使って中国と敵対させる卑怯な日本政府を詩のかたちにした傑作だ。→「読み書き日録」「twitter.com/nstn49」。
*宮平真弥さんからE-mailで「季刊 未来」春号のゲラがきょうの午前中に届いた由。訂正はなし。
*きのうのジュンク堂で『中国山地 過疎50年』が今月2冊目売れ(累計59冊)、『津軽の民話』が1冊(「[新版]日本の民話」シリーズ累計1485冊)、ほかに大城弘明写真集『地図にない村』が1冊、など。紀伊國屋書店で『中国山地 過疎50年』が4冊目(累計102冊)、木村友祐『イサの氾濫』が2冊目(累計163冊)、など。アマゾンでジャック・デリダ『嘘の歴史 序説』が11冊目(累計58冊)、『中国山地 過疎50年』が7冊目(累計127冊)、『イサの氾濫』が3冊目(累計483冊)、高橋美香『それでもパレスチナに木を植える』が2冊目(累計59冊)、など。→「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。
*日本の民話75『奈良の民話』の初校通読、つづける。pp. 195-251. 吉野(南和)の部29話55ページ。→「読み書き日録」「twitter.com/miraishajp」。
*「詩的現代」第二次20号(荒川洋治特集)に目を通す。主要な荒川論を読むが、全体に荒川への評価が高いのはともかく、文章がひとしなみにゆるい。批評ではなく感想文ばかりではないか。これでは荒川の言語戦略を解明することはむずかしい。冨上芳秀がわたしの実名をあげていろいろ書いている。→「読み書き日録」「twitter.com/nstn49」。
*中島吉弘『梯明秀の物質哲学』の原稿読み+テキスト修正、再開。一括修正もいろいろ。「第一章 物質哲学の深層構造と意義」スミ。ひさしぶりに思弁的な哲学論文を読んだな。→「読み書き日録」「twitter.com/miraishajp」。

日録2017/3/10(金)

掲載日:2017年3月11日

*T・S・エリオット『文芸批評論』(岩波文庫) の「ボドレール(ママ)」再読。→「読書日録」「twitter.com/nstn49」。
*日本の民話75『奈良の民話』の初校通読、つづける。pp. 139-193. 山中【さんちゅう】(東大和)の部30話53ページ。山中の部、スミ。→「読書日録」「twitter.com/miraishajp」。
*きのうのジュンク堂で仲宗根勇・仲里効編『沖縄思想のラディックス』が最初の3冊目売れ、ジャック・デリダ『最後のユダヤ人』が今月1冊目(累計65冊)、などポイエーシス叢書が3冊、『岡山の民話』が1冊(「[新版]日本の民話」シリーズ累計1484冊)、ほかに『宮本常一著作集』が2冊、など。紀伊國屋書店で『シチェドリン選集』が5冊、など。アマゾンでデリダ『嘘の歴史 序説』が9冊目(累計56冊)、『信と知――たんなる理性の限界における「宗教」の二源泉』が3冊目(累計76冊)、『最後のユダヤ人』が1冊目(累計55冊)、などポイエーシス叢書が7冊、マーク・マゾワー『暗黒の大陸――ヨーロッパの20世紀』が2冊目(累計181冊)、『中国山地 過疎50年』が6冊目(累計126冊)、『安芸・備後の民話 第一集』が1冊(「[新版]日本の民話」シリーズ累計536冊)、『Hiromi Nagakura 長倉洋海写真集』が2冊目の予約、など。
*手形・小切手渡し=各社。
*未來社ホームページの「トピックス」に「『沖縄思想のラディックス』イベントのお知らせ」記事をアップ。→「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。~仲宗根勇さん、仲里効さんにE-mailで記事のアドレスを知らせる。
*みずほe-ビジネスサイトにアクセス。きょうの入出金を確認&印刷。原稿料・編集料源泉徴収税が落ちていなかったので、e-Taxソフトを立ち上げてダイレクト納付。~東京都民銀行ビジネスダイレクトにアクセス。きょうの出金(手形決済)を確認。
*国会図書館納入用のオンデマンド本が揃ったので、書類(納入書、納品書)を作成して送付。119冊。
*未來社流通センターから届いた2日~8日の売上げ伝票のチェック。

日録2017/3/9(木)

掲載日:2017年3月10日

*「越境広場」3号、ひとまず読了。金平茂紀氏のスタンディングロック・スー族のレポートは、安倍政権の沖縄差別と同等のアメリカの原住民差別の悪辣さを伝えている。→「読書日録」「twitter.com/nstn49」。
*きのう書いた「季刊 未来」春号のための「[出版文化再生28]大いなる裏切り――辺野古埋立て承認取消しの取消し」を読み直し、手を入れる。仮ゲラを印刷して天野さんから入校へ。~のち、初校、出校。責了で戻す。さっそく「出版文化再生ブログII-20」として取り込み、ココログの「出版文化再生」ブログと未來社ホームページの[出版文化再生ブログ]ブログにアップ。ついでに「TOPICS」の記事も最新情報をアップ。これにともない、AjaxPlorerで「アーカイヴ」ページ用の「archive_index.html」を直接編集して書き換え、ダウンロード。→「読書日録」「twitter.com/nstn49」「twitter.com/miraishajp」。仲宗根勇さんがさっそく見つけてくれてFACEBOOKにアップしてくれる。~tel入れしてお礼。沖縄タイムス、琉球新報の書評予定、広告予定その他。
*「季刊 未来」春号の佐々木力「ライプニッツの多文化主義頌歌『中国最新事情』(1)――中国論・論中国・On China 9」の三校のチェック。13ページになる。~責了で戻す。→「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。
*「季刊 未来」春号の宮平真弥「《新リレー連載/沖縄のいまとこれからを考える1》先手と後手――川満憲法草案と知念ウシの実践」の初校、出校。訂正なし。~宮平さんにtel(留守電)で控えを送るので、あすの責了にあわせてなにかあれば連絡してもらう。→「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。~宮平さんから了解のE-mail。
*「季刊 未来」春号の新刊広告用に中島吉弘『梯明秀の物質哲学』の広告原稿を作成して天野さんに渡す。→「twitter.com/miraishajp」。
*きのうのジュンク堂でジャック・デリダ『赦すこと――赦し得ぬものと時効にかかり得ぬもの』が今月3冊目売れ(累計229冊)、『信と知――たんなる理性の限界における「宗教」の二源泉』が1冊目(累計70冊)、などポイエーシス叢書が3冊、マーク・マゾワー『暗黒の大陸――ヨーロッパの20世紀』が1冊目(累計170冊)、ほかにシュミット本が2冊、坪井洋文本が2冊、など。紀伊國屋書店で仲宗根勇・仲里効編『沖縄思想のラディックス』が最初の2冊目、『京都の民話』『大分の民話 第二集』が各1冊(「[新版]日本の民話」シリーズ累計1633冊)。アマゾンでデリダ『嘘の歴史 序説』が6冊目(累計53冊)、などポイエーシス叢書が6冊、『暗黒の大陸』が1冊目(累計180冊)、『中国山地 過疎50年』が5冊目(累計125冊)、『美濃の民話 第一集』『尾張の民話』が各1冊(「[新版]日本の民話」シリーズ累計535冊)、ほかにシュミット本が3冊、など。→「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。
*「季刊 未来」春号の郷原宏さんの原稿「岸辺のない海――石原吉郎ノート7強制と共生」の初校、出校。訂正なし。郷原さんに控えゲラを送付。あす責了なのでなにかあれば連絡してもらう。→「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。
*横山さんから受け取った2月末支払い表を「66期月別支払い表.xls」で作成&印刷。
*ACELINK Navi記帳くんで振替伝票の起票&印刷。2月末買掛金・未払金、10日手形・小切手支払い、源泉徴収税、直販売上げ、ほか。出納帳(現金、振替貯金)に記帳。途中で「原稿料・印税支払い総括.xls」2月版、作成&印刷。
*e-Taxソフトで2月分の源泉徴収税の申告書(給与/税理士分、原稿料・編集料分)を作成=申告・申請等の一覧から選択~帳票編集で作成~保存(別名保存)~「作成完了」~「送信」ボタンで送信。さらに「メッセージボックス」の帳票を選択してあす付けで「ダイレクト納付」。
*あすの支払いのための小切手、約束手形を作成。
*「季刊 未来」春号の小林康夫「星形の庭の明るい夢(1970-1989)――オペラ戦後文化論II(5)」の初校6ページ、出校。校了に。~小林さんにtel。念のため自宅にFAX。→「twitter.com/miraishajp」。
*仲里効さんにtel。4月15日の『沖縄思想のラディックス』イベントでの本の販売の可能性についていろいろ。いちおう売ることはできそう。
*中国新聞社の荒木さんよりE-mail。『中国山地 過疎50年』をめぐる宣伝活動などいろいろ。もう一押しということで、この本の出版をつうじて思ったことを寄稿してもらうことを考えているとのこと。

日録2017/3/8(水)

掲載日:2017年3月9日

*「みすず」3月号、読了。岡真理の世界の矛盾を集約したようなパレスチナ・レポートを読む。いつも感心する。→「読書日録」。
*ACELINK Navi記帳くんで振替伝票の起票&印刷。預金振替、リース料、書店売上げ、現金引出し、取次売掛金、水道代、保険料、ほか。出納帳(現金、振替貯金)に記帳。みずほ銀行本郷支店当座の2月分照合、スミ。東京都民銀行春日町支店当座、文化産業信用組合本店当座分もスミ。
*みずほe-ビジネスサイトにアクセス。きょうまでの出金を確認&印刷。~のち、再アクセス。東京都民銀行春日町支店未來社当座へ10日用資金振替。
*小林康夫さんよりE-mail&tel。「季刊 未来」春号の原稿「星形の庭の明るい夢(1970-1989)――オペラ戦後文化論II(5)」とどく。テキスト処理+通読+印刷。広告分がパンク。~tel入れ+FAX。広告はほかへ移すことにしたので、校正だけしてもらうことに。→「twitter.com/miraishajp」。~のち、E-mailで校正すこし。ファイル修正+印刷して天野さんから入校へ。
*東京都民銀行春日町支店の福田さん、来社。未來社のことをさらにくわしく聞きたいとのことでいろいろレクチャー。途中でアイアンドイーのひと、来社。火災保険の更新と小切手支払い。
*仲里効さんにtel。「越境広場」3号のお礼。「越境広場」の広告はすでに送ってあるとのことでメールで確認(→天野さんに渡す)。4月15日の『沖縄思想のラディックス』イベントの件でいろいろ確認。仲宗根勇さんと打合せをしている由。前日の打合せと当日の二次会の件。おもろまち周辺でおこなうことになりそうなので、東横イン新都心おもろまちを宿泊予定にする。沖縄2紙の書評の予定その他も聞く。広告の予定を伝える。
*きのうのジュンク堂で木村友祐『イサの氾濫』が今月2冊目(累計174冊)、など。アマゾンでジャク・デリダ『赦すこと――赦し得ぬものと時効にかかり得ぬもの』が2冊目(累計293冊)、などポイエーシス叢書が2冊、『イサの氾濫』が2冊目(累計482冊)、仲宗根勇『聞け!オキナワの声――闘争現場に立つ元裁判官が辺野古新基地と憲法クーデターを斬る』が1冊目(累計37冊)、ほかにハーバーマス『コミュニケイション的行為の理論』が1セット、など。→「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。
*「越境広場」3号、読みはじめる。まず仲宗根勇さんの論文を読む。→「読書日録」「twitter.com/nstn49」。
*「季刊 未来」春号のための[出版文化再生28]の原稿を一気に書く。タイトルはとりあえず「大いなる裏切り――辺野古埋立て承認取消しの取消し」とする。→「読書日録」「twitter.com/nstn49」「twitter.com/miraishajp」。

日録2017/3/7(火)

掲載日:2017年3月8日

*「みすず」3月号、読みはじめる。→「読書日録」「twitter.com/miraishajp」。。
*仲里効さんより「越境広場」3号とどく。仲宗根勇さんの論文が掲載されている。→「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。
*八重洋一郎さんより手紙で『沖縄思想のラディックス』の執筆者のひとりとしてお礼と感想いろいろ。「本書は必ずや日本思想界に有意義な混乱をもたらし著述者一人一人にその責任を問い糾すことと思います」とある。→「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。
*「季刊 未来」春号の深井智朗さんの連載1回目をタイトル変更「一五一七年から一六一七年へ――宗教改革五百周年はどう祝われたか」ほかを修正して責了へ。佐々木力さんの「ライプニッツの多文化主義頌歌『中国最新事情』(1)――中国論・論中国・On China 9」の次号取り置き分を今号に回すことにして処理。→「twitter.com/miraishajp」。
*宮平真弥さんの《新リレー連載/沖縄のいまとこれからを考える1》「先手と後手――川満憲法草案と知念ウシの実践」の仮ゲラ校正PDFをもとにファイル修正。天野さんから入校へ。途中で宮平さんから追加の修正あり。→「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。
*「季刊 未来」春号の郷原宏さんの原稿「岸辺のない海――石原吉郎ノート7(七)強制と共生」のテキスト処理+通読+印刷。さすがに切れ味のある文章は健在だ。ただし1ページ分不足。~郷原さんにFAX&tel。今回は9ページで進めることに。~のち、FAXで校正もどる。まだ3行パンクしていたので、再度の修正を依頼。~ファイル修正して入校へ。→「読書日録」「twitter.com/miraishajp」。
*きのうTRCより届いた2月分売上げ情報を「TRC201702実績.xls」として取り込む。受注、納品で好調を維持。受注で『上州の民話 第二集』と『三河の民話』がトップ。納品では『三河の民話』がトップ。
*きのうのジュンク堂でジャック・デリダ『赦すこと――赦し得ぬものと時効にかかり得ぬもの』が今月2冊目売れ(累計228冊)、佐々木力『反原子力の自然哲学』が1冊目(累計41冊)、など。紀伊國屋書店で仲宗根勇・仲里効編『沖縄思想のラディックス』が最初の1冊目売れ、『中国山地 過疎50年』が3冊目(累計101冊)、『鳥取の民話』が1冊(累計11631冊)、など。2月分売上げをダウンロードし、「紀伊國屋201702.xls」として取り込む。『中国山地 過疎50年』がトップ。アマゾンでデリダ『嘘の歴史 序説』が4冊目(累計51冊)、『赦すこと』が1冊目(累計292冊)、などポイエーシス叢書が4冊、『父ちゃんは写真家――平敷兼七遺作集』が2冊目(累計25冊)、など。→「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。~「新刊売上げ一覧.ods」2月末版、作成&印刷。
*「雨期」68号に目を通す。→「読書日録」。
*Internetで4月14-16日の那覇のホテル状況を見る。シーズンなのか意外と混んでいるので、早めの予約が必要。前回よりかなり高くなっている。東横イン新都心おもろまちが場所的にはいいかも。

日録2017/3/6(月)

掲載日:2017年3月7日

*きょうは出社せず。
*「現代詩手帖」3月号、読了。→「読書日録」「twitter.com/nstn49」。
*郷原宏さんより「郷原宏の原稿便です」E-mailで「季刊 未来」春号の原稿「岸辺のない海――石原吉郎ノート7(七)強制と共生」とどく。~返信E-mailであす仮ゲラをFAXする旨を伝える。→「twitter.com/miraishajp」。
*日本の民話75『奈良の民話』の初校通読、つづける。pp. 101-138. 国中【くんなか】(北和・中和)の部14話38ページ。国中【くんなか】(北和・中和)の部、スミ。→「読書日録」「twitter.com/miraishajp」。
*きのうのジュンク堂で仲宗根勇・仲里効編『沖縄思想のラディックス』が最初の2冊目売れ、仲宗根勇『聞け!オキナワの声――闘争現場に立つ元裁判官が辺野古新基地と憲法クーデターを斬る』が今月1冊目(累計122冊)、「[新版]日本の民話」シリーズが2冊(累計1483冊)、ほかに『宮本常一著作集』が2冊、など。紀伊國屋書店で木村友祐『イサの氾濫』が1冊目(累計162冊)、『大分の民話 第二集』が1冊(累計1534冊)、など。アマゾンで『沖縄思想のラディックス』が6冊目(累計8冊)、ジャック・デリダ『嘘の歴史 序説』が2冊目(累計73冊)、『中国山地 過疎50年』が4冊目(累計124冊)、『周防・長門の民話 第二集』が1冊(「[新版]日本の民話」シリーズ累計533冊)、ほかにシュミット本が4冊、中平卓馬写真集『沖縄・奄美・吐カ喇1974-1978』など。→「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。
*中島吉弘『梯明秀の物質哲学』の原稿読み+ファイル修正(時計数字処理、表記統一など一括処理もいろいろ)をつづける。「序章 問題設定と分析視座」の三節~五節、おわりに、と対応する注。序章、スミ。→「読書日録」「twitter.com/miraishajp」。
*佐々木力さんより返信E-mailで高木仁三郎論集は年内に論考の選択、収集、佐々木解説などを揃える予定とのこと。

日録2017/3/5(日)

掲載日:2017年3月6日

*T・S・エリオット『文芸批評論』(岩波文庫) の「批評の限界」再読。→「読書日録」「twitter.com/nstn49」。
*きのうのジュンク堂でジャック・デリダ『嘘の歴史 序説』が今月5冊目売れ(累計44冊)、『赦すこと――赦し得ぬものと時効にかかり得ぬもの』が1冊目(累計冊)、仲宗根勇・仲里効編『沖縄思想のラディックス』が最初の1冊など、ポイエーシス叢書が5冊、木村友祐『イサの氾濫』が1冊目(累計173冊)、「[新版]日本の民話」シリーズが6冊(累計1481冊)、など。紀伊國屋書店で『越後の民話 第一集』が1冊(累計1533冊)、スタニスラフスキー『俳優の仕事』が1セットなど。アマゾンで『沖縄思想のラディックス』が5冊目(累計7冊)、デリダ『信と知――たんなる理性の限界における「宗教」の二源泉』が2冊目(累計75冊)、などポイエーシス叢書が6冊、『中国山地 過疎50年』が3冊目(累計123冊)、ほかに東松照明写真集『camp OKINAWA』など。→「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。
*日本の民話75『奈良の民話』の初校通読、つづける。pp. 50-100. 国中【くんなか】(北和・中和)の部23話51ページ。→「読書日録」「twitter.com/miraishajp」。
*星野太『崇高の修辞学』読みはじめる。→「読書日録」「twitter.com/nstn49」。
*中島吉弘『梯明秀の物質哲学』の原稿読み+ファイル修正(時計数字処理など一括処理もいろいろ)をはじめる。「序章 問題設定と分析視座」のはじめに、一~二節と対応する注。→「読書日録」「twitter.com/miraishajp」。
*佐々木力さんよりE-mailできょうの午前中に高木仁三郎論集の件で打合せ、収録著作を4人で精選することになった由。佐々木さんが総合的解説を書くということでまとまったとのこと。一巻になるか二巻になるかは未定、と。~返信E-mailでお礼。

日録2017/3/4(土)

掲載日:2017年3月5日

*深井智朗さんよりE-mailで「季刊 未来」春号の「一五一七年から二〇一七年へ なぜ宗教改革五百年を祝うのか」の再校PDFを見て、初回タイトルと連載タイトルの変更の依頼。~了解の返信E-mail。
*T・S・エリオット『文芸批評論』(岩波文庫) の「批評の実験」再読。→「読書日録」「twitter.com/nstn49」。
*宮平真弥さんより返信E-mailで「季刊 未来」春号の原稿「先手と後手――川満憲法草案と知念ウシの実践」の仮ゲラ校正のPDFとどく。
*きのうのジュンク堂でジャック・デリダ『嘘の歴史 序説』が今月2冊目売れ(累計42冊)、などポイエーシス叢書が3冊、『中国山地 過疎50年』が1冊目(累計58冊)、など。紀伊國屋書店で『中国山地 過疎50年』が2冊目(累計95冊)、スタニスラフスキー『俳優の仕事』が2冊。アマゾンで仲宗根勇・仲里効編『沖縄思想のラディックス』が1冊目(累計3冊)、『父ちゃんは写真家――平敷兼七遺作集』が1冊目(累計24冊)、など。→「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。
*日本の民話75『奈良の民話』の初校通読、はじめる。pp. 1-4, 15-49. まえがき4ページ、国中【くんなか】(北和・中和)の部15話33ページ。→「読書日録」「twitter.com/miraishajp」。
*「現代詩手帖」3月号、読みつぐ。塚原史・朝吹亮二対談「ツァラの〈無意味〉、ブルトンの〈驚異〉」をおもしろく読む。→「読書日録」。

日録2017/3/3(金)

掲載日:2017年3月4日

*T・S・エリオット『文芸批評論』(岩波文庫) で「批評の機能」再読。→「読書日録」「twitter.com/nstn49」。
*孫歌さんからE-mail(きのう)で中国の三聯書店の庄娜さんを紹介。先日連絡した『琉球共和社会憲法の潜勢力――群島・アジア・越境の思想』の契約条件案を先方は承諾した由。具体的には庄娜さんから連絡が来る由。~返信E-mailでお礼とメール削除してしまっていたかもしれない旨の連絡。庄娜さんにもCc。→「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。~庄娜さんより返信E-mailでこちらの提案した条件はすべてOK。契約書をこちらで作る必要あり。孫歌さんからも庄娜さんのE-mailを転送してくれる。
*宮平真弥さんより返信E-mailで「季刊 未来」春号の原稿「先手と後手――川満憲法草案と知念ウシの実践」の仮ゲラ受取り、来週はじめに戻す予定とのこと。
*小林康夫さんよりtel。「季刊 未来」春号の原稿は8ページは無理とのことで6ページになりそう、と。佐々木力さんの余った分を使うことに。~佐々木力さんにE-mailでパンクしていたページの2ページ分を掲載できるので、念のためPDFを送付。~佐々木さんより返信E-mail。送ったのは初校のPDFだったみたいだが、適当に切って使ってくれとの返事。
*『梯明秀の物質哲学』の一括テキスト処理のつづき。小文字指定の残りと確認、引用タグ、傍点タグ、注番号の一括処理、など。注のファイルも修正スミ。これであとは読みながらの修正になる。→「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。
*「季刊 未来」春号の高梨ひばり「貧困とは何か」仮ゲラ通読。~天野さんに戻す。
*きのうのジュンク堂で『讃岐の民話』『伊豫の民話』が各1冊売れ(「[新版]日本の民話」シリーズ累計1475冊)、など。紀伊國屋書店でジャック・デリダ『信と知――たんなる理性の限界における「宗教」の二源泉』が今月1冊目(累計58冊)、[私の日本地図]シリーズが4冊、など。アマゾンはデータ更新がまたできていない。~のち、アマゾンに再アクセス。ジャック・デリダ『嘘の歴史 序説』が1冊目(累計48冊)、『信と知――たんなる理性の限界における「宗教」の二源泉』が1冊目(累計74冊)、などポイエーシス叢書が5冊、『中国山地 過疎50年』が1冊目(累計121冊)、『秋田の民話』が1冊(「[新版]日本の民話」シリーズ累計532冊)、など。→「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。
*大宮勘一郎さんよりE-mail。友人の博士論文。~返信E-mailで検討することができる返事。~大宮さんから返信E-mailで具体化したらまた連絡するとのこと。
*「季刊 未来」春号の深井智朗「一五一七年から二〇一七年へ なぜ宗教改革五百年を祝うのか」の再校、出校。~引合せ。訂正なしで校了へ。深井さんにtelすれど、つながらず。すぐあとにtelあり。最初の校正も戻ってきているので、あわせてE-mailでPDFを送ることに。~深井さんから返信E-mailでPDFがまだ届いていないとのこと。~古いアドレスに送っていたようで、転送。
*「現代詩手帖」3月号、読みはじめる。まずは詩作品から。→「読書日録」「twitter.com/nstn49」。
*日本の民話75『奈良の民話』初校がようやく出校。312ページ。休み用に持ち帰り。→「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。
*『鮎川信夫全集IV 評論III』の再読つづける。「ヴァレリイについて」「ボードレールについて――近代的心情」再読。→「読書日録」「twitter.com/nstn49」。

日録2017/3/2(木)

掲載日:2017年3月3日

*T・S・エリオット『文芸批評論』(岩波文庫) 「完全な批評家」を読む。→「読書日録」「twitter.com/nstn49」。
*10時40分すぎ、BMW X3 xDrive20d xLineで出社。
*宮平真弥さんの「季刊 未来」春号の原稿「先手と後手――川満憲法草案と知念ウシの実践」をテキスト処理をして印刷+通読。さらにファイル修正と訂正案の書き込み。とてもおもしろいものになった。仮ゲラPDFをE-mailで送付。18行オーバー分削除の件も。→「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。
*中島吉弘さんにtel。『梯明秀の物質哲学』のデータ処理の件でいろいろ。傍点は一種類とし、原文の傍点は(傍点―原文)とそのつど表示することに。~本文を連結。注の分を別ファイルとして取り出し、これも連結。まずは見出し指定、エピグラフ指定、小文字指定の途中まで。→「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。
*きのうのジュンク堂でジャック・デリダ『嘘の歴史 序説』が今月1冊目売れ(累計40冊)。紀伊國屋書店で『中国山地 過疎50年』が1冊目(累計94冊)、「[新版]日本の民話」シリーズが4冊(累計1532冊)、など。アマゾンはデータ更新がこのところ遅れている。→「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。のち、再アクセス。[私の日本地図]シリーズが2冊、など。
*神戸会計事務所より昨年10月-12月分のバランスシートとどく。
*「週刊読書人」3月3日号、とどく。『父ちゃんは写真家――平敷兼七遺作集』紹介記事(写真2枚入り)掲載。→「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。~仲里効さんにE-mail添付で記事を送付。
*エルスール財団より「エルスール財団記念館(詩とダンスのミュージアム)」をオープンするとのことで、内覧会(3月25日)開催のお知らせ。野村喜和夫夫妻もすごいな。野村君がこのまえ、こんど案内を出すものがあると言っていたのが、これか。→「twitter.com/nstn49」。
*紀伊國屋書店よりE-mailで「[新版]日本の民話」シリーズ28~50巻分のEpub版アップのお知らせ。そのまえに紀伊國屋書店電子事業部の名越さんにtel入れ。検証のE-mailで文字化けの箇所を指摘しておいたのが直っている。~未來社ホームページの「トピックス」に記事をアップ。→「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。
*『鮎川信夫全集IV 評論III』の再読つづける。エリオットがらみのエッセイ3篇を読む。→「読書日録」「twitter.com/nstn49」。
*「兆」173号に目を通す。なぜか同人各人の代表詩選特集。→「読書日録」「twitter.com/nstn49」。

日録2017/3/1(水)

掲載日:2017年3月2日

*T・S・エリオット『文芸批評論』(岩波文庫) で「伝統と個人の才能」を再読。→「読書日録」「twitter.com/nstn49 」。
*DELLのホームページを検索し、tel入れ。とりあえずPrecion 17というモバイルワークステーションとデスクトップの見積りをしてもらうことに。~のち、E-mailで見積書4種類とどく。やはりデスクトップにするか。~tel入れ、確認してDELL Precision タワー3420 XCTOベースの注文書をDELLにFAX。→「twitter.com/miraishajp」。
*深井智朗さんより「季刊 未来」春号の「一五一七年から二〇一七年へ なぜ宗教改革五百年を祝うのか」の連載1回目の初校校正もどる。~再校へまわす。
*中島吉弘さんの『梯明秀の物質哲学』の原稿チェックをはじめる。Word原稿の傍点が二種類あり、OpenOfficeだと飛んでしまうので、家のMicrosoft Officeで処理をしなければならないことがわかる。傍注も取り出す必要あり。ドイツ語のウムラウト、エスツェットの一括変換も。とりあえずできるところからテキスト処理をはじめる。目次、凡例、はしがき、スミ。→「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。~夜、家で序章以下をWord上でルビとウムラウトを変換処理をしたうえでイタリック指定タグ付けなどテキスト化。アクサングラーヴは変換できず、傍点は文字の後ろに・が個数分だけ残ることを確認。テキスト変換後のWordでは傍点付き文字も消失することがわかる。とんでもないソフトだ。
*きのうのジュンク堂でジャック・デリダ『嘘の歴史 序説』が最初の39冊目売れ、『最後のユダヤ人』が今月3冊目(累計64冊)、『中国山地 過疎50年』が15冊目(累計57冊)、『父ちゃんは写真家――平敷兼七遺作集』が5冊目(累計12冊)。アマゾンで『嘘の歴史 序説』が最初の47冊目、『中国山地 過疎50年』が35冊目(累計120冊)、高橋美香『それでもパレスチナに木を植える』が5冊目(累計57冊)、『福島の民話 第一集』『福島の民話 第二集』が各1冊(「[新版]日本の民話」シリーズ累計531冊)、など。→「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。
*小林康夫さんよりtel。「季刊 未来」春号の原稿の予定。きょうから書きはじめてみる由。近況いろいろ。→「twitter.com/miraishajp」。
*宮平真弥さんよりE-mailで「季刊 未来」春号の沖縄新リレー連載1回目の原稿「先手と後手――川満憲法草案と知念ウシの実践」とどく。おもしろそう。~宮平さんに返信E-mailでお礼。あす仮ゲラをPDFで送ると伝える。→「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。~夜、家で印刷。
*中島吉弘さんの『梯明秀の物質哲学』のWord原稿のテキスト処理。序章~終章まで8章分すべて終わる。