HOME >> 西谷社長日録

西谷社長日録

日録2020年7月

バックナンバー:

日録2020/7/6(月)

掲載日:2020年7月7日

*萩原印刷・金子さんよりE-mailで『例外状態』4刷用の訳者略歴、奥付+公告ページのPDFとどく。
*『日常非常、迷宮の時代1970-1995――オペラ戦後文化論2』の寄贈されたひとよりE-mailで小林康夫さんに転送してほしいと。~小林さんに転送。
*上村忠男さんよりE-mailで長文の英語の寄稿論文とどく。

日録2020/7/5(日)

掲載日:2020年7月6日

*『カント全集 第三巻 前批判期論集(二)』の「空間における方位の区別の第一根拠について」を読む。→「思考のポイエーシス・日録篇」「Facebook」。
*シャーロット・ブロンテ『ジェイン・エア (上)』(岩波文庫)の十七節のつづき~十八節を読む。→「思考のポイエーシス・日録篇」「Facebook」。
*カルロ・ギンズブルグ[上村忠男訳]『それでも。マキァヴェッリ、パスカル』の「第四章 絡まり合った読解――マキァヴェッリ、アリストテレス、聖トマス」を読む。→「思考のポイエーシス・日録篇」「Facebook」。
*斎藤恵子詩集『熾火をむなうちにしずめ』通読。堅実な詩風で、植物など嘱目の事物に確かな認識を示しながら、ときにゾッとするような光景をカットふうに描き出す。以前なにかの会で挨拶された気がする。岡山の詩人。→「思考のポイエーシス・日録篇」「twitter.com/nstn49」「Facebook」。
*藤井貞和『〈うた〉起源考』の第III部「神歌から記載へ」第八章~第十章を読む。→「思考のポイエーシス・日録篇」「Facebook」。

日録2020/7/4(土)

掲載日:2020年7月5日

*シャーロット・ブロンテ『ジェイン・エア (上)』(岩波文庫)の十六節のつづき~十七節の途中。→「思考のポイエーシス・日録篇」「Facebook」。
*藤井貞和『〈うた〉起源考』の第II部「心とことばと本文」第四章~第七章を読む。《古代社会にあっても、今日という時代に向き合っても、“詩とは何か”という問いが、ときにやみがたく湧きあがるようだ。詩論や、和歌で言えば歌論が行われる理由は、詩作や和歌作品じたいが批評を胚胎するからだろう。》(123頁)第II部、読了。→「思考のポイエーシス・日録篇」「twitter.com/nstn49」「Facebook」。
*『カント全集 第三巻 前批判期論集(二)』の「視霊者の夢」の第二部第三章を読む。この論文、終り。スウェーデンボリの評価をするわけではなく、わりと常識的な霊解釈だった。→「思考のポイエーシス・日録篇」「twitter.com/nstn49」「Facebook」。
*カルロ・ギンズブルグ[上村忠男訳]『それでも。マキァヴェッリ、パスカル』の「第三章 ポンターノ、マキァヴェッリ、思慮分別」を読む。→「思考のポイエーシス・日録篇」「Facebook」。
*山﨑修平詩集『ダンスする食う寝る』通読。いまの編集者はこういうのを好むのだろうが、ことばの暴力性が暴走する典型的ないまふう現代詩。なかにソフトなリリシズムに通じることばの繊細さが混じるが、方法の構築が必要だ。→「思考のポイエーシス・日録篇」「Facebook」。

日録2020/7/3(金)

掲載日:2020年7月4日

*きのう仲里効さんから届いた『遊撃とボーダー――沖縄・まつろわぬ群島の思想的地峡』の寄贈リストの整備。転載許可元4社も追加。~データを水谷君に渡す。~仲里さんに確認のtel。~仲里さんよりE-mailで修正箇所追加。間に合えば、と。~萩原印刷・金子さんにtel。追加修正OK。~仲里さんに修正OKの返信E-mail。→「思考のポイエーシス・日録篇」「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。~仲里さんよりお礼の返信E-mail。
*『composition』4号を読む。葉山美玖個人誌。→「思考のポイエーシス・日録篇」「Facebook」。
*『コールサック』102号を拾い読む。→「思考のポイエーシス・日録篇」「Facebook」。
*シャーロット・ブロンテ『ジェイン・エア (上)』(岩波文庫)の十六節のはじめ~。→「思考のポイエーシス・日録篇」「Facebook」。

日録2020/7/2(木)

掲載日:2020年7月3日

*藤井貞和『〈うた〉起源考』の第I部「歌とは何かの詩学」第二章~第三章を読む。第I部、終り。→「思考のポイエーシス・日録篇」「Facebook」。
*1時20分すぎ、萩原印刷へ。仲里効『遊撃とボーダー――沖縄・まつろわぬ群島の思想的地峡』の白焼き校正~責了に。ツキモノ色校も見る。第二次『走都』5号の「詩を書くことの主体的選択――言語隠喩論5」のプリントを渡す。~3時ごろ、帰社。~のち、ツキモノ色校を届けてもらった戸田事務所の濱浦さんよりtelにて、インクの盛りを濃くするよう指示あり。~萩原印刷に伝える。→「思考のポイエーシス・日録篇」「twitter.com/miraishajp」「Facebook」。
*シャーロット・ブロンテ『ジェイン・エア (上)』(岩波文庫)の十五節の途中~終り。→「思考のポイエーシス・日録篇」「Facebook」。
*仲里効さんよりE-mailで『遊撃とボーダー――沖縄・まつろわぬ群島の思想的地峡』の寄贈リストとどく。30冊ほど。
*『カント全集 第三巻 前批判期論集(二)』の「視霊者の夢」の第二部第二章を読む。→「思考のポイエーシス・日録篇」「Facebook」。
*カルロ・ギンズブルグ[上村忠男訳]『それでも。マキァヴェッリ、パスカル』の「第二章 マキァヴェッリになること――『ソデリーニ宛て気まぐれ者たちの書簡』の新たな読解のために」のつづき~終り。→「思考のポイエーシス・日録篇」「Facebook」。

日録2020/7/1(水)

掲載日:2020年7月2日

*「詩を書くことの主体的選択――言語隠喩論5」の全面的な読み直しと最終加筆。~ファイル修正、「未来一般形式」で印刷。15ページで収まる。あす第二次『走都』5号の分として入校予定。→「思考のポイエーシス・日録篇」「twitter.com/nstn49」「Facebook」。
*藤井貞和『〈うた〉起源考』読みはじめる。「序章」~第I部第一章。p. 58まで。→「思考のポイエーシス・日録篇」「twitter.com/nstn49」「Facebook」。
*萩原印刷・金子さんよりtel。あす3時に『遊撃とボーダー――沖縄・まつろわぬ群島の思想的地峡』のツキモノ色校があがるので、戸田事務所に3時にとどけてもらう。あす本文の白焼き出張校正とともに見せてもらう。~濱浦さんにtelして連絡。
*シャーロット・ブロンテ『ジェイン・エア (上)』(岩波文庫)の十四節の途中~十五節の途中。→「思考のポイエーシス・日録篇」「Facebook」。