HOME >> PR誌「未来」

PR誌「未来」since 1964

最新号

  • PR誌「未来」バックナンバー
  • ご購読のお申し込み

未来NEWS

  • 『季刊 未来』2020年夏号が刊行されました。通算600号になりました。今号は加藤尚武著作集完結の小特集ををおこないました。
  • 2015年冬号より、表紙デザインは戸田ツトム氏、写真は濱浦惠美子氏でお届けしております。
  • 2014年10月号をもちまして、月刊をいったん終結し、15年1月号より季刊として刊行いたします。また季刊化にともない、頒価を100円から200円に変更いたします(年間購読料は800円になります)。今後ともご愛顧くださいますようお願い申しあげます。
  • 2013年5月号より表紙デザインは戸田ツトム氏でお届けしております。
  • 2010年5月号より表紙デザインは戸田ツトム氏、画は青野なるみ氏でお届けしております。(~2013年4月号)
  • 2008年5月号より表紙デザインは戸田ツトム氏、画は武藤良子氏でお届けしております。(~2010年4月号)
  • 2007年10月号より始まりました小林康夫氏による連載「思考のパルティータ」は、UTCP(東京大学グローバルCOE「共生のための国際哲学教育研究センター」)での、「哲学の樹」企画と連動しております。同サイトにもテクストが転載されています。(~2009年12月号)

最新号

『季刊 未来』2022年春号(No.607)

『季刊 未来』2022年春号(No.607)

固有名詞考(1)
     現代見聞録3  菅野昭正

舟を漕ぐなら今――一九七二年五月から五〇年目のグラウンド・バス
     残余の夢、夢の回流10  仲里 効

新しい詩的言語の創出の試みX
     ランボー「言葉の錬金術」の詩学を探究するために16  湯浅博雄

ギンズブルグとの対話は続く
     独学の思想18  上村忠男

ツェラン、詩の命脈の尽きる場所――言語隠喩論のフィールドワーク  野沢 啓

『季刊 未来』2022年冬号(No.606)

『季刊 未来』2022年冬号(No.606)

スポーツを巡る雑感
      現代見聞録2  菅野昭正……2

蠕動する国境と生霊たちの日本語
     残余の夢、夢の回流9 仲里 効……7

新しい詩的言語の創出の試みIX
     ランボー「言葉の錬金術」の詩学を探究するために15  湯浅博雄……16

イタリア版新しい波【の牽引者たち
     独学の思想17  上村忠男……26

権利請求と応答責任――言語隠喩論の進展のために  野沢 啓……39

根源的な問い――野沢啓『言語隠喩論』書評  高良勉……50

バックナンバー

最新号(2022)20212020201820172016201520142013201220112010200920082007200620052004

ご購読のお申し込み

季刊「未来」は原則として直接購読をお願いしております。1年(全4号)ご予約いただきますと、送料・税込みで1,200円です。
ご希望の方には見本誌をお送りいたしますので、小社までご連絡ください。
(tel:03-6432-6281/info@miraisha.co.jp)。