HOME >> PR誌「未来」

PR誌「未来」since 1964

最新号

  • PR誌「未来」バックナンバー
  • ご購読のお申し込み

未来NEWS

  • 『季刊 未来』2020年夏号が刊行されました。通算600号になりました。今号は加藤尚武著作集完結の小特集ををおこないました。
  • 2015年冬号より、表紙デザインは戸田ツトム氏、写真は濱浦惠美子氏でお届けしております。
  • 2014年10月号をもちまして、月刊をいったん終結し、15年1月号より季刊として刊行いたします。また季刊化にともない、頒価を100円から200円に変更いたします(年間購読料は800円になります)。今後ともご愛顧くださいますようお願い申しあげます。
  • 2013年5月号より表紙デザインは戸田ツトム氏でお届けしております。
  • 2010年5月号より表紙デザインは戸田ツトム氏、画は青野なるみ氏でお届けしております。(~2013年4月号)
  • 2008年5月号より表紙デザインは戸田ツトム氏、画は武藤良子氏でお届けしております。(~2010年4月号)
  • 2007年10月号より始まりました小林康夫氏による連載「思考のパルティータ」は、UTCP(東京大学グローバルCOE「共生のための国際哲学教育研究センター」)での、「哲学の樹」企画と連動しております。同サイトにもテクストが転載されています。(~2009年12月号)

最新号

『季刊 未来』2020年秋号(No.601)

『季刊 未来』2020年秋号(No.601)

残余の夢、夢の回流4
     真久田正の隠れレーニン主義  仲里 効……2

大学行政への関与
     独学の思想12  上村忠男……11

新しい詩的言語の創出の試みIV
     ランボー「言葉の錬金術」の詩学を探究するために10  湯浅博雄……22

レトリックから言語の経験へ――言語隠喩論  野沢 啓……32

『季刊 未来』2020年夏号(No.600)

『季刊 未来』2020年夏号(No.600)

小特集 『加藤尚武著作集』完結によせて
 加藤尚武氏の「形の哲学」  伊藤邦武……2
 現代哲学のはるかなる地平へ  松田 純……7

《沖縄の記憶/日本の歴史》プロジェクト
     独学の思想11  上村忠男……12

新しい詩的言語の創出の試みIII
     ランボー「言葉の錬金術」の詩学を探究するために9  湯浅博雄……24

残余の夢、夢の回流3
     松島朝義の「乗り越えの論理」  仲里 効……34

隠喩の創造力――言語隠喩論  野沢 啓……43

  書物復権2020刊行のお知らせ……56

『季刊 未来』2020年春号(No.599)

『季刊 未来』2020年春号(No.599)

子育て論から、平和論までの長い倫理学
     『加藤尚武著作集』全15巻完結に寄せて 加藤尚武……2

残余の夢、夢の回流2
     友利雅人・未葬のオブセッション 仲里効……8

言説のヘテロトピアに立つ
     独学の思想10 上村忠男……16

永続革命論から環境社会主義のプログラムへ
     マルクス主義の現代的地平2 佐々木力……28

新しい詩的言語の創出の試みII
     ランボー「言葉の錬金術」の詩学を探究するために8 湯浅博雄……38

隠喩の暴力性――言語隠喩論 野沢啓……48

『季刊 未来』2020年冬号(No.598)

『季刊 未来』2020年冬号(No.598)

星形の庭の明るい夢(1970-1995)
     ――オペラ戦後文化論II(16=最終回) 小林康夫……2

《新連載》残余の夢、夢の回流1
     ――中屋幸吉、夜と漂流の肖像 仲里 効……10

「表象の歴史学」から「歴史のヘテロロジー」へ
     ――独学の思想9 上村忠男……18

《短期連載》資本主義「復古」の逆境の時代を闘い抜く
     ――マルクス主義の現代的地平1 佐々木力  32

新しい詩的言語の創出の試みI
     ――ランボー「言葉の錬金術」の詩学を探究するために7 湯浅博雄……42

隠喩の発生――言語隠喩論 野沢 啓  51

バックナンバー

最新号(2020)201820172016201520142013201220112010200920082007200620052004

ご購読のお申し込み

季刊「未来」は原則として直接購読をお願いしております。1年(全4号)ご予約いただきますと、送料・税込みで800円です。
ご希望の方には見本誌をお送りいたしますので、小社までご連絡ください。
(tel:03-6432-6281/info@miraisha.co.jp)。