HOME >> 月刊PR誌「未来」 >> バックナンバー

月刊PR誌「未来」since 1964

バックナンバー

最新号(2017)2016201520142013201220112010200920082007200620052004

バックナンバー

「未来」2005年12月号 (No. 471)

「未来」2005年12月号 (No. 471)

神保町――虫の目・鳥の目《対談》  堀切直人・鈴木地蔵
沈む風景、浮き上がる風景 第9回山形国際ドキュメンタリー映画祭報告  岡田秀則
我々が行為しているとき、我々は何をしているのか? 大学の余白/余白の大学 14  大宮勘一郎
ふたりのテレサ(後) 霊と女たち 2  杉浦勉
渥美書房 開店まで 早稲田古書店街外史 最終回  向井透史
2007年に会いましょう 山形国際ドキュメンタリー映画祭事務局日誌 最終回  浅川志保
「地域密着」のひとつの形 書店のABC 15  笈入建志
イラク憲法をめぐって イラク女性、政治を語る 2  細井明美
草の上の昼食 Sein und Essen 4  雑賀恵子
死に至る共同体 1972オキナワ 映像と記憶 9  仲里効
未來社の2006年を早くも展望する 未来の窓105  西谷能英

「未来」2005年11月号 (No. 470)

「未来」2005年11月号 (No. 470)

ふたりのテレサ(前) 《新連載》霊と女たち 1  杉浦勉
上野英信『親と子の夜』その一 《新連載》倉庫の精神史――未來社在庫僅少本で読む〈戦後〉 1  道場親信
マシーンをスウィング Swinging the Machine──イレギュラーなブックガイド 都市音楽ノート 《最終回》  酒井隆史
さとし書房 開店まで 早稲田古書店街外史 13  向井透史
映画祭開幕 山形国際ドキュメンタリー映画祭事務局日誌 6  浅川志保
本屋で働く愉しみ 書店のABC 14  関根明子
リバーベンド・ブログ「バグダッド・バーニング」から 《新連載》イラク女性、政治を語る 1  池田真里
植民地下 小鹿島更生園での「生体実験」──KBS(韓国放送)の取材に答えて  滝尾英二
追悼の政治とその光学 《書評》エルンスト・ユンガー『追悼の政治』  大宮勘一郎
葬り去ることへの慎み 《書評》梅木達郎『支配なき公共性』  逸見龍生
「デリダの明日」のために──紀伊國屋ホール未來社セミナーのためのウォーミングアップ 未来の窓104  西谷能英

「未来」2005年10月号 (No. 469)

「未来」2005年10月号 (No. 469)

劇作家・青江舜二郎の生誕百年を迎えて 一幕劇のCD/DVD化と記念イベント  大嶋拓
言葉が法廷に立つ時 1972オキナワ 映像と記憶 8  仲里効
退屈な空腹 Sein und Essen 3  雑賀恵子
「可塑性」概念の有効性 《書評》カトリーヌ・マラブー『ヘーゲルの未来』  加藤尚武
活字を売るワケ  佐藤真砂
関書店 開店まで 早稲田古書店街外史 12  向井透史
映画祭開催前夜 山形国際ドキュメンタリー映画祭事務局日誌 5  浅川志保
本の行く場所 書店のABC 13  立岩希世衣
大学の友 大学の余白/余白の大学 13  大宮勘一郎
反グロ、反戦、階級問題としての靖国、スクォッティング  平沢剛
テキストエディタ主義宣言 未来の窓103  西谷能英

「未来」2005年9月号 (No. 468)

「未来」2005年9月号 (No. 468)

哲学の使命  カトリーヌ・マラブー(中畑寛之・西山雄二訳)
カトリーヌ・マラブー来日講演記  西山雄二
コレオグラーフ、ウヴェ・ショルツの死  岩崎稔
映像メディア研究のもう一つの回路 「第五回キネマ倶楽部 in Tokyo」  御園生涼子
西北書房 開店まで 早稲田古書店街外史 11  向井透史
アジア千波万波!! 山形国際ドキュメンタリー映画祭事務局日誌 4  浅川志保
町の本屋の再生目指して 書店のABC 12  久住邦晴
技術の集いを解く 大学の余白/余白の大学 12  大宮勘一郎
演劇の低俗さについて 《書評》レーマン『ポストドラマ演劇』  横山義志
“沖縄”と“私”をつなぐ想像力 「第11回連続ティーチイン沖縄@立命館」報告  「連続ティーチイン沖縄」実行委員会
折原ヴェーバー論争本の完結 未来の窓102  西谷能英

「未来」2005年8月号 (No. 467)

「未来」2005年8月号 (No. 467)

完成したホロコースト記念碑と「想起の文化」  岩崎稔
主なき大学 大学の余白/余白の大学 11  大宮勘一郎
遙か故郷を離れて Sein und Essen 2  雑賀恵子
大海の中の一冊をめぐる苦悶 書店のABC 11  三木哲夫
コンペ上映作品決定 山形国際ドキュメンタリー映画祭事務局日誌 3  浅川志保
漂流と迂回、あるいは始まりにむかっての旅 1972オキナワ 映像と記憶 7  仲里効
ニーチェ、ヴェーバー、ハイデガー──ニヒリズムの刻印を受けた思考(下)  ヨハネス・ヴァイス(森川剛光訳)
大阪スタイル! Osaka Style ! 都市音楽ノート 5  酒井隆史
戦後史を〈冷戦〉から取り戻す 《書評》道場親信『占領と平和』  入江公康
東京国際ブックフェアへの共同出展──その位置づけの試み 未来の窓101  西谷能英

「未来」2005年7月号 (No. 466)

「未来」2005年7月号 (No. 466)

ニーチェ、ヴェーバー、ハイデガー──ニヒリズムの刻印を受けた思考(上)  ヨハネス・ヴァイス(森川剛光訳)
大学という傷口 大学の余白/余白の大学 10  大宮勘一郎
「幽霊」の指紋をめぐって  橋本一径
飯島書店 開店まで 早稲田古書店街外史 10  向井透史
どこかで誰かが何かしている 書店のABC 10  古田一晴
科学から空想へ──科学映画再発見途中記  岡田秀則
新たなる1980年代の可能性のために──第6回全州国際映画祭・相米慎二レトロスペクティヴをめぐって  平沢剛
他の映画祭との交流から 山形国際ドキュメンタリー映画祭事務局日誌 2  浅川志保
無を数える、言葉を所有する――政治の条件 《書評》ランシエール『不和あるいは了解なき了解』  田崎英明
その一歩手前で――グリーンバーグを読む 《書評》『グリーンバーグ批評選集』  松浦寿夫
秀丸エディタのすすめ──『秀丸フル活用術』の刊行予告 未来の窓100  西谷能英

「未来」2005年6月号 (No. 465)

「未来」2005年6月号 (No. 465)

小特集《ドイツ現代演劇》
ブレヒトとミュラーとのあいだ──『アルトゥロ・ウイの興隆』の演出をめぐって  岩淵達治
啓蒙の演劇から欲望の演劇へ──壁崩壊後のベルリン演劇  新野守広
最初の食欲 Sein und Essen 1【新連載】  雑賀恵子
映画祭の舞台裏より 山形国際ドキュメンタリー映画祭事務局日誌 1【新連載】  浅川志保
巡礼と朱の×印 1972オキナワ 映像と記憶 6  仲里効
Summer Events Times Square 2004 都市音楽ノート 4  酒井隆史
平野書店 開店まで 早稲田古書店街外史 9  向井透史
「学」とつくほどのモノは無いけれど 書店のABC 9  鈴木香織
「泡沫」の歴史に光をあてる 《書評》天野正子『「つきあい」の戦後史』  松本麻里
よみがえる日本語の宝庫──『日本詞華集』の復刊に寄せて 未来の窓99  西谷能英

「未来」2005年5月号 (No. 464)

「未来」2005年5月号 (No. 464)

いま、〈精神的自由〉の危機を考える──おびやかされる「思想・良心・信教の自由」、「表現の自由・検閲の禁止」《講演採録》  高橋哲哉
high fidelity / high treason 2 大学の余白/余白の大学 9  大宮勘一郎
三幸書房 開店まで 早稲田古書店街外史 8(連載再開)  向井透史
天王星の波、月の光、そして地の核 書店のABC 8  西尾実
イメージ人類学のほうへ 《書評》アインシュタイン『黒人彫刻』  千葉文夫
物質なき唯物論の未来 《書評》ド・マン『美学イデオロギー』  宮崎裕助
生命体という愛の関係 《書評》団まりな『性のお話をしましょう』  雑賀恵子
否定説のウソを解説する 《書評》東中野修道・小林進・福永慎次郎『南京事件「証拠写真」を検証する』  笠原十九司
いま、この時代に哲学することとは何か 未来の窓98  西谷能英

「未来」2005年4月号 (No. 463)

「未来」2005年4月号 (No. 463)

[読書特集2005]
《世界の書店から》
ニューヨーク、ラディカル書店ツアー  酒井隆史
台北書店めぐり  丸川哲史
指し示される自由──リブラリールのこと  森元庸介
《座談会》営業・販売の現場から考える本作り  小林浩(月曜社)+樽本周馬(国書刊行会)+丸尾素子(大月書店)+柳瀬徹(浅川書房
「未来」ができるまで──印刷所・製本所を訪ねる
問われるメディアの権力構造 未来の窓97  西谷能英
「未来」総目次 2004年5月号(452号)~2005年4月号(463号)

「未来」2005年3月号 (No. 462)

「未来」2005年3月号 (No. 462)

high fidelity / high treason 1 大学の余白/余白の大学 8  大宮勘一郎
フランスのハイデガー主義、ひとつの終焉 《報告》ストラスブール・コロック  西山達也
眼の森 11(最終回) 【写真連載】  田村尚子
『ヤシの女』と『グラマ島の誘惑』のあわいに 〈戦後〉という劇場 5(最終回)  内藤寿子
『大落語』は落語の毒を読み解いた 《書評》平岡正明『大落語』  田中優子
汚れた起源 《書評》『ピラネージ建築論 対話』  田中純
「書くこと」の革命性 《書評》大西巨人+荒井晴彦『シナリオ神聖喜劇』  石橋正孝
書店のABC 7  「ベストセラーは売らない」宣言  糸日谷智
崩れゆく部屋と透明な建築の呼応 《ペドロ・コスタ 世界へのまなざし》  小川直人
ゴーヤーの心 《写真集評》『赤いゴーヤー 比嘉豊光写真集1970-1972』  港千尋
廃墟としての現在から 《映画評》井土紀州『LEFT ALONE』  高橋洋
紀伊國屋マンスリーセミナー──「書物復権」の実現へむけて 未来の窓96  西谷能英

「未来」2005年2月号 (No. 461)

「未来」2005年2月号 (No. 461)

抵抗のメディアを読者とともにつくる 季刊『前夜』編集長・岡本有佳インタヴュー(聞き手・編集部)
眼の森 10 【写真連載】  田村尚子
シカゴ-ニューヨーク・──一九六〇~七〇年代日本映画上映報告  平沢剛
明るすぎる喪の風景 1972オキナワ 映像と記憶 5  仲里効
喜劇作家の〈矜持〉──飯沢匡の『ヤシと女』(2) 〈戦後〉という劇場 4  内藤寿子
千田是也をめぐって(下) 歴史としての戦後演劇 3 武井昭夫インタヴュー(聞き手・大岡淳
「風」をつかむ楽しさ 書店のABC 6  梅田昌伸
《展覧会レヴュー》「痕跡」の交錯と重層 戦後美術の挑発  林道郎
《展覧会レヴュー》マティスの決断  平倉圭
編集者の熱意こそが出版の原動力 未来の窓95  西谷能英

「未来」2005年1月号 (No. 460)

「未来」2005年1月号 (No. 460)

小特集《ユルゲン・ハーバーマス》
ハーバーマスの変貌をめぐって  徳永恂
公共圏論の原像と変容  木前利秋
ジャック・デリダの死  カトリーヌ・マラブー(西山雄二訳)
千田是也をめぐって(上) 歴史としての戦後演劇 2  武井昭夫インタヴュー(聞き手・大岡淳
喜劇作家の〈矜持〉──飯沢匡の『ヤシと女』(1) 〈戦後〉という劇場 3  内藤寿子
老トロツキスト鄭超麟と私 書店のABC 5  上原草
眼の森 9 【写真連載】  田村尚子
リズム分析 Rhythmanalysis 都市音楽ノート 3  酒井隆史
もう一つの贈与と、その帰趨 大学の余白/余白の大学 7  大宮勘一郎
二〇〇四年を振り返る 未来の窓94  西谷能英

最新号(2017)2016201520142013201220112010200920082007200620052004