HOME >> 思いは高く……

書籍詳細

思いは高く……

出版50年の反省をこめて

思いは高く……

定価:本体2,000円+税

ISBN:978-4-624-00018-9

ISBN[10桁]:4-624-00018-8

発行日:1991年9月8日

判型:四六

ページ:266

Cコード:C0036

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

西谷能雄

ジャンル : 総記 >> 出版

出版の文化性と企業性という両立しにくい目標を追求してきた著者が、その50年の経験をふまえ、出版のあるべき姿を、その現実の変化の上に提示する。

目次

序論 出版の特性
 一 出版とはありがたきかな
 二 ありがたからざる出版界
第一部 出版界の取引関係・取引形態・取引条件をめぐって
 一 再び委託制と注文制について──そのメリットとデメリットを考える──
  一 委託制とは、注文制とは
  二 委託制のメリットとデメリット
  三 買切制(注文制)のメリットとデメリット
  四 買切制移行への条件
  五 出版界の取引形態の将来
 二 出版界の奇妙な取引関係と取引条件──出版社・取次店・書店をめぐって──
  一 業界三者にまつわる奇妙な関係と問題点
  二 出版社と取次店
  三 取次店と書店
  四 出版社と書店
 三 買切制をめぐる今日的問題点──部数・原価・定価・正味=マージン──
  はじめに──新買切制とは何か
  一 角川式買切制の問題点
  二 〈買切商品なら非再販で〉の意味と問題点
  三 〈買切なら低正味〉の書店側の主張について
  四 出版社の定価設定権に対する疑問について
  五 定価設定時に流通マージンを考慮せよの主張について
  六 上限価格