HOME >> デカルト伝

書籍詳細

デカルト伝

デカルト伝

定価:本体4,800円+税

ISBN:978-4-624-01144-4

ISBN[10桁]:4-624-01144-9

発行日:1998年7月30日

判型:A5

ページ:418

Cコード:C0010

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

ジュヌヴィエーヴ・ロディス=レヴィス
飯塚勝久

ジャンル : 哲学・思想 >> フランス哲学

ジャンル : 歴史 >> 伝記・評伝

デカルト研究の最高水準を示す、伝記の決定版。しばしば所在が不明なほど孤独と旅を愛した「仮面の哲学者」デカルトの生涯と思想の深化を、膨大な資料の読解を通じ丹念に描く。

目次

プロローグ
デカルトの伝記作者たち
   リプシュトルプとボレル、バイエ、アダン、コエン/人間デカルトをめぐる二、三の主観的研究
第一章 家族と幼年時代
   トゥレーヌに生まれる/ポワトゥの家族(医師たち、高等法院評定官の父)――洗礼証明書/田園にて/少年の恋
第二章 学校教育(一六〇七年―一六一六年)
   ラ・フレーシュ学院入学(一六〇七年)――休養と健康状態/期待と失望/数学の高等教育/旅と軍隊経験への憧
   れ/ポワティエで法学を学ぶ、一六一五―一六年
第三章 決定的な二年間(一六一八年末―一六二〇年初頭)
   ブレダの陣中にて――ベークマンとの出会い・物理=数学、最初の研究、『音楽提要』/ドイツに旅立つ・ばら十字
   会――「炉部屋」の冬――三つの夢/シャロンを読む・訪れた国の習慣に適応する
第四章 旅と方法実践のための九年間
   延期された二つの公約(ロレート、ある「論文」)/一六二〇年一一月の発見/ある種の形而上学的思索/参戦――
   フランスに帰る/『良識の研究』――イタリア旅行/雪崩――マウリッツ・ファン・ナッサウの死――『規則』(新
   数学記号法)/屈折の法則/教皇大使邸の会合およびベリ『人間論』への延長/ガリレイ断罪ののち、中断する――『試練』
   への序文としての『方法叙説』(形而上学の要約を含む)/『幾何学』の展開/反論と批判・デカルト、無理解に対
   して軽蔑をあらわにする/気象学について、二、三の数学者とイエズス会士フルニエは歓迎の意を示す/スタンピー
   ウン=ワセナエルの数学的挑戦/イエズス会士ブルダンによるパリでの公開討論のあと、デカルト憤激す/医学への
   期待――『反論』と『答弁』を加えて「形而上学」公刊さる――デカルトと娘
第六章 オランダ滞在(一六四二年―一六四九年)
   『省察』第二版と論争の始まり――ブルダン、『第七反論』と『答弁』/『原理』(一六四四年)・天空に浮ぶ不動
   の大地――新たなる友情・ピコ・エリザベト――一回目のフランス帰国・パリにおいてブルダンと和解する――『省
   察』の訳者ド・リュイーヌおよびクレルスリエ(『反論』と『答弁』の翻訳に着手)との出会い/シャニュとの友情/
   オランダにおける最後の住居――生物の研究――エリザベト(心身の結合)およびメラン(自由、聖体の秘蹟)との
   往復書簡――ユトレヒト論争・フティウスに対してレッヒウ