HOME >> 初期マルクス研究

書籍詳細

初期マルクス研究

『経済学=哲学手稿』における疎外論

初期マルクス研究

定価:本体2,000円+税

ISBN:978-4-624-01152-9

ISBN[10桁]:4-624-01152-X

発行日:2000年4月20日

元版年:1968

判型:四六

ページ:192

Cコード:C0010

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

ヘルバート・マルクーゼ
良知力 池田優三

本書は疎外論の古典として定評があり、マルクスの『経済学・哲学草稿』をいち早く取り上げ、『精神現象学』と対比的に論じた歴史的文献。ヘーゲルとの関係において、初期マルクスの史的唯物論形成の問題、および経済学的労働概念の哲学的基礎を論じる。

目次

経済学=哲学手稿の解釈
 序説
 一 疎外された労働の概念
 二 人間の存在規定
 三 自由の実現としての労働
 四 歴史の本質と事実状況
 五 自己疎外の実践的止揚
 六 ヘーゲル現象学の批判

経済学的労働概念の哲学的基礎
 序説
 一 労働の規定
 二 労働の三つの性格
 三 労働の継続性
 四 労働の恒常性
 五 労働の負担性
 六 労働の存在論的意味
 七 分業

改訳にあたって
初期マルクス研究文献