HOME >> 無能な者たちの共同体

書籍詳細

無能な者たちの共同体

無能な者たちの共同体

定価:本体2,400円+税

ISBN:978-4-624-01177-2

ISBN[10桁]:4-624-01177-5

発行日:2007年12月25日

判型:四六上製

ページ:254

Cコード:C0010

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

田崎英明

ジャンル : 哲学・思想 >> 現代思想

ジャンル : 哲学・思想 >> 思想史・精神史

ジャンル : 哲学・思想 >> 言語哲学・批評理論

政治的なものの理論へ向けて──。構築と(再)生産と帰属を要求する「社会」ではなく、そこから脱落した「無能な者たち」による「共同体」の条件とはなにか。可能性と潜在性が枯渇したところから始まる、政治の思考と生の形式とはなにか。ハイデガー、アーレント、ベンヤミン、フーコーらを参照しつつ、大胆な視点と飛躍を恐れぬ文体で問題の核心に切り込む。★『未来』誌上にて1996年から2001年まで、世紀を越えて掲載された同題の連載に、新章を加筆。さらに文献案内も附録に。

目次

Impotenz──中断
苦痛/イデア──グノーシス主義者たち
Essentia──名と叫び
法の彼方──正義
「私は語る」──苦痛、敷居、石
「私は見た」──声、イメージ、真理
非同時代性──再生産に抗して保たれるもの
生を導く──エートスについて
テクネー/ポリス──国民化の時間性について
恥、怒り、存在
悲劇の批判──朽ちることとしてのDasein
不気味なものDas Unheimliche──魂の内戦のために
名の間違いについて──哲学者と詩人の生
作品とその死後の生──時間性なき歴史の概念のために
思考の在り処
死、ことば、まなざし
共同体の問い
イメージ──社会の残りもの

生は語ることができるか──生‐政治の次元における抵抗

 文献案内
 あとがき

関連書籍

ベンヤミン 危機の思考

ベンヤミン 危機の思考


批評理論から歴史哲学へ

ジャンル : 哲学・思想 >> 現代思想

ジャンル : 哲学・思想 >> ドイツ哲学

内村博信

定価: 本体2,800円+税    ISBN: 978-4-624-01186-4    発行日: 2012年5月25日

本書の関連書籍