HOME >> 民間巫者信仰の研究

書籍詳細

民間巫者信仰の研究

宗教学の視点から

民間巫者信仰の研究

定価:本体13,000円+税

ISBN:978-4-624-10038-4

ISBN[10桁]:4-624-10038-7

発行日:1999年2月20日

判型:A5

ページ:562

Cコード:C3014

在庫僅少

在庫が非常に少ないため、美本がご用意できない場合や、時間差で在庫切れとなる場合がございます。ご希望の方は小社までお電話またはFAX、メールにてお問い合わせ下さい。

【TEL】03-3814-5521
【FAX】03-3814-5596
info@miraisha.co.jp

池上良正

ジャンル : 宗教 >> 宗教学

ジャンル : 民俗・民芸 >> 民俗学・民俗文化研究

青森のカミサマ、沖縄のユタと呼ばれる巫者に焦点をあて民俗・民衆宗教の見地から民間巫者信仰の諸相を考察。日本の巫者信仰の世界観・救済観の本質を究明。

目次

 序章 問題・対象・方法
  第一節 本書の目的
  第二節 民俗・民衆宗教をめぐる問題
  第三節 民間巫者信仰をめぐる問題
  第四節 宗教学的な立場をめぐる問題
  第五節 本書の構成
第一部 青森県の巫者信仰
 第一章 民間巫者信仰の諸相-津軽地方のカミサマ系巫者を中心に
  第一節 東北地方の民間巫者概観-イタコ系とカミサマ系
  第二節 人生史から見たカミサマ信仰
  第三節 依頼者との対応から見たカミサマ信仰
  第四節 地域住民から見たカミサマ信仰
  第五節 小括
 第二章 場所の霊性と巫者信仰-恐山と岩木山を題材に
  第一節 恐山の霊場化とイタコ信仰
  第二節 近世岩木山における「藩主家鎮守化」の過程
  第三節 赤倉信仰の系譜
  第四節 近代の赤倉とカミサマ系巫者
  第五節 小括
 第三章 民間巫者の「近代」-地方紙の記事を素材として
  第一節 地方紙と民間巫者
  第二節 明治期
  第三節 大正期
  第四節 昭和期
  第五節 聖地の状況
  第六節 沖縄県との比較
  第