HOME >> インドと非インド

書籍詳細

インドと非インド

インド史における民族・宗教と政治

インドと非インド

ISBN:978-4-624-10045-2

ISBN[10桁]:4-624-10045-X

発行日:2007年8月27日

判型:A5上製

ページ:430

Cコード:C3022

在庫がありません

荒松雄

ジャンル : 歴史 >> 東洋史・アジア史

わが国インド史研究の礎を築いてきた著者の『インドの「奴隷王朝」──中世イスラム王権の成立』につづく論文集。13世紀インドに「非インド人」であるイスラム教徒のトルコ・アフガン系征服者による王権支配が成立した後の、インドにおけるイスラム社会の形成と展開、ヒンドゥー社会への影響をはじめ、イギリス植民地時代、独立後も絶えずインド史の重要問題の根源にある民族・宗教と社会・政治権力のあり方をめぐる諸論考を収録。

目次

第I部 ムスリム支配下における政治と宗教

 第一章 ムスリム支配成立期における政治権力と宗教
  1 はじめに
  2 インドにおけるイスラムの浸透の諸契機
  3 軍事的征服・政治的支配とイスラムの宗教
   1 アラブ勢力のインド征服の場合
   2 トルコ系ムスリム勢力の西北インド侵入と支配
  4 インド人の改宗とイスラム宗教者の活動
  5 ムスリム支配とインド社会

 第二章 ムスリム支配下における宗教と政治権力
  1 トルコ人の侵入・征服と宗教
  2 ムスリム支配の成立とイスラム
   1 サルタナットの成立とインド社会
   2 サルタナット期におけるスーフィーの活動
  3 ムガル帝国期における政治権力と宗教
   1 ムガル支配層とイスラムの宗教
   2 イスラム正統派とスーフィーズム
   3 ムガル権力への抵抗とイスラム
  4 おわりに──イスラム思想と政治・社会

 第三章 デリー現存の墓建築とローディー支配層──トルコ人とアフガン人
  1 はじめに
  2 サルタナットの首都の変遷と支配層の民