HOME >> 咸臨丸海を渡る

書籍詳細

咸臨丸海を渡る

曽祖父・長尾幸作の日記より

咸臨丸海を渡る

定価:本体4,500円+税

ISBN:978-4-624-11141-0

ISBN[10桁]:4-624-11141-9

発行日:1992年11月15日

判型:四六

ページ:532

Cコード:C0021

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

土居良三

ジャンル : 歴史 >> 日本近代史

1860年咸臨丸は日本の船として初めて太平洋横断に成功。この壮挙の実相と乗組員の実像を、曽祖父の日記等の一次史料によって再構成した大冊。

目次

序章 曽祖父の日記──幕末軍艦咸臨丸──
第一章 咸臨丸出航まで──軍艦奉行たち──
  別船仕立の建議
  別船仕立の実現
  ブルック大尉一行の乗船
第二章 太平洋横断の航海──鴻目魁耳──
  品川、横浜、浦賀
  冬の北太平洋へ
  ブルックと万次郎の友情
  一路サンフランシスコへ
第三章 アメリカ滞在と帰航──初めての日本人たち──
  サンフランシスコ上陸
  メア・アイランドの日々
  再びサンフランシスコにて
  帰航
第四章 咸臨丸の人々──福沢諭吉の手紙──
  佐々倉桐太郎   中浜万次郎
  浜口興右衛門   小永井五八郎
  鈴藤勇次郎    岡田井蔵
  小野友五郎    根津欽次郎と小杉雅之進
  伴鉄太郎     赤松大三郎
  松岡磐吉     牧山修卿と木村宋俊
  肥田浜五郎    秀島藤之助
  山本金次郎    大橋栄次と齋藤留蔵
  吉岡勇平     木村と勝・福沢
第五章 長尾幸作の一生──亜行記録──
  生い立ちと勉学
  上海密行
  尾道の人土居咲吾
終章 サンフランシスコ再訪──水夫たちの墓──
あとがきにかえて
参考文献

関連書籍

南浦書信

南浦書信


ペリー来航と浦賀奉行戸田伊豆守氏栄の書簡集

ジャンル : 歴史 >> 日本近代史

浦賀近世史研究会

定価: 本体2,000円+税    ISBN: 978-4-624-11188-5    発行日: 2002年3月1日

本書の関連書籍