HOME >> 黒死病の時代のジャクリー

書籍詳細

黒死病の時代のジャクリー

黒死病の時代のジャクリー

定価:本体9,600円+税

ISBN:978-4-624-11180-9

ISBN[10桁]:4-624-11180-X

発行日:2001年2月28日

判型:A5

ページ:446

Cコード:C3022

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

近江吉明

後期フランス中世における最大の民衆蜂起「ジャクリー蜂起」は、近年になってめざましく研究が進み、民衆史研究に大きく寄与している。本書はいわゆる「社会史」の成果と手法を取り入れつつ、「階級闘争史観」の克服をめざして政治史・事件史を含めた《全体史》的な民衆蜂起像を構築。 多様な側面から民衆蜂起の総合的把握を試みる。

目次

はしがき

序 章
 一 ジャクリーとは
 二 本書のねらいと構成
 三 「蜂起衆」・「領主制の危機」について
 四 ジャクリー関連史料の分布状況

第I章 ジャクリー研究の歩み
  はじめに
 一 一九世紀の研究
 二 一九七〇年代の研究
 三 最近の動向
 四 R=カゼルの仏・一四世紀民衆蜂起理解をめぐって
  (一)ジャクリー蜂起の原因をめぐって
  (二)ジャクリー蜂起の主体・参加者
  (三)ジャクリー蜂起の本質は?
  (四)R=カゼル説について若干のコメント
  おわりに

第II章 ジャクリー蜂起勃発の背景
  はじめに
 一 中世領主経済の危機
  (一)領主制の危機と農村
  (二)天変地異・流行病と農村民
  (三)「経済変動」と農村民
 二 政治的・軍事的危機の進展
  (一)百年戦争・領主・戦費
  (二)全国三部会・国王顧問会との係わり
  (三)権力内部の対立
 三 社会的危機
  (一)農村民の不安・恐怖感
  (二)野武士団の横行
  (三)農村民の危機意識
  おわりに

第III章 E=マルセルとパリ都市民蜂起
  はじめに
 一 研究史──系譜論的アプローチ──
  (一) 両大戦間期までの研究
  (二) 戦後研究布
  (一) 各地のジャクリー
  (二) サン-ルゥ-デスラン事件の位置
 二 蜂起衆の構成とその基盤
  (一) 蜂起衆の出現とその特徴
    A 蜂起参加者
    B 蜂起衆の成立基盤
  (二) 蜂起指導者の動き
    A 各地の隊長
    B G=カールの情報と組織力
    C 蜂起衆をとりまく諸状況
 三 行動様式
  (一) 攻撃対象とその目的
  (二) 蜂起衆の振る舞い

第VI章 一三五八年ジャクリー蜂起鎮圧をめぐって

  はじめに
 一 メロ村の敗北とジャクリー鎮圧
 二 「特赦状」にみられる鎮圧状況
 三 『全体特赦状』の位置


第VII章 ジャクリー Jacquerie の伝統

  はじめに
 一 ジャクリー蜂起の呼称
 二 ジャクリーの用語の出現とその定着
 三 ジャクリー像の変遷
  おわりに

おわりに

あとがき 331

附録巻末
  ・史料「年代記」
  ・史料「特赦状」
  ・関連小年表
  ・フランス王家系譜(ヴァロワ朝)
  ・関連地図

参考文献一覧
  ・欧文文献
  ・邦語文献

仏文タイトル
仏文目次
仏文要約

索引(人名・地名・事項)