HOME >> 民俗宗教論の課題

書籍詳細

民俗宗教論の課題

民俗宗教論の課題

定価:本体2,500円+税

ISBN:978-4-624-22001-3

ISBN[10桁]:4-624-22001-3

発行日:2000年5月25日

元版年:1977

判型:四六

ページ:286

Cコード:C0339

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

宮田登

カミとヒト、世界観、性、差別などに関する16論文。関連諸分野の成果をとり入れつつ、民俗学のテリトリーを積極的に押し広げた記念碑的著作。

目次

Ⅰ 民俗から見たカミとヒト
  一 民衆のなかのテンノウ信仰
  二 いわゆる権威としての天皇信仰
  三 天皇信仰の性格
  四 カミとしての東照大権現
  五 人を神に祀る民俗
  六 流行神の性格
II 民俗から見た世界観
  一 民間信仰としての地獄・極楽
  二 補陀落渡海の人々
  三 沖縄のミロク教
  四 「鄭鑑録」の預言
III 民俗から見た性
  一 性信仰研究の諸問題
  二 性器崇拝の性格
  三 人間と性
IV 民俗から見た被差別
  一 白山信仰と被差別
  二 非・常民の信仰
  三 力と信仰と被差別
あとがき