HOME >> イモと日本人

書籍詳細

イモと日本人

民俗文化論の課題

イモと日本人

定価:本体3,200円+税

ISBN:978-4-624-22002-0

ISBN[10桁]:4-624-22002-1

発行日:1979年12月25日

判型:四六

ページ:292

Cコード:C0339

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

坪井洋文

【書物復権2013】〔ニュー・フォークロア双書2〕 新年に餅を供え食べることを拒否する餅なし正月の習俗を緒口に、イネの文化に対抗する異系異質の文化体系の存在を立証。日本人のもう一つの世界観を探る。

目次

単一文化の条件
 はじめに
 一 民族と国民
 二 日本文化成立の条件
 三 自己同一化への志向
 四 単一文化の条件とは
柳田国男の農耕文化論
 一 日本民族研究の現状
 二 日本文化一元論と多元論
 三 稲作文化=日本文化論の検討
 四 ひとつの仮説
畑作儀礼研究の計画
餅なし正月の背景――イモと日本人(一)――
 一 ひとつの日本
 二 正月儀礼における餅とイモ
 三 餅正月とイモ正月
 四 イモ正月研究の意義
イモと餅の象徴――イモと日本人(二)――
 一 火と人間
 二 民間伝承と家例
  1 民間伝承の概念
  2 柳田国男の日本人形成観
  3 事大主義
  4 日本群島の自然環境
  5 稲作志向
  6 家例のこと
 三 食物と火と禁忌
  1 餅なし正月の論理
  2 先祖の伝説
  3 餅の象徴と火
  4 火と禁忌
 四 火の転換原理
畑作文化の確認――イモと日本人(三)――
 一 畑作民の世界
 二 儀礼の複合性
 三 畑作農耕文化定立の可能性