HOME >> 法の帝国

書籍詳細

法の帝国

法の帝国

定価:本体6,500円+税

ISBN:978-4-624-30084-5

ISBN[10桁]:4-624-30084-X

発行日:1995年9月25日

判型:四六

ページ:648

Cコード:C0031

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

・ドゥウォーキン
小林公

ジャンル : 政治・法 >> 法学・法思想

我々は皆“法の帝国”の臣民である。法の根拠と法の効力を統合し、多様な理論と事例を検討しながら純一性としての法を擁護して、法の一般理論を築きあげた記念碑的大著の完訳。

目次

序文
第1章 法とは何か
 何故この問いが重要なのか 法に関する見解の不一致 法の根拠は「明瞭な事実」にあるという見解 問題の発端における反論 現実の世界 意味論的な法理論 意味論的法理論を支持する真の論証
第2章 解釈的諸概念
 意味論の毒牙 想像上の事例 解釈に関する第一の考察 解釈と作者の意図 芸術と意図の性格 意図と実践 解釈の諸段階 礼儀に関する哲学者たちの見解 傍論-正義 解釈に関する懐疑論
第3章 法理学再論
 新しい構図 法概念と法観念 懐疑的諸概念と邪悪な法 法の根拠と効力
第4章 慣例主義(コンヴェンショナリズム)
 慣例主義の構造 慣例主義の説得力 法的慣例 慣例主義の二種類の形態 慣例主義は我々の実務に適合するか 慣例主義は我々の実務を正当化するか
第5章 プラグマティズムと擬人化
 懐疑的観念 プラグマティズムは法実務に適合するか 権利なき法 純一性の要求 擬人化された共同体
第6章 純一性
 議論されるべき論点 純一性は適合するか 純一性は魅力ある理念か 正当性に関する難問 共同体の責務 同胞関係と政治共同体 大雑把な後註
第7章 法における純一性
 広汎にわたる概観 法の連鎖 法-情緒的損害の問

関連書籍

法史学者の課題

法史学者の課題

ジャンル : 政治・法 >> 法学・法思想

ジャンル : 歴史 >> ドイツ史・ドイツ研究

河上倫逸

定価: 本体2,500円+税    ISBN: 978-4-624-30102-6    発行日: 2004年12月25日

本書の関連書籍