HOME >> 思想学事始め

書籍詳細

思想学事始め

戦後社会科学形成史の一断面

思想学事始め

定価:本体3,500円+税

ISBN:978-4-624-30104-0

ISBN[10桁]:4-624-30104-8

発行日:2006年10月10日

判型:四六上製

ページ:430

Cコード:C0031

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

田中浩

ジャンル : 政治・法 >> 日本政治思想史

ジャンル : 政治・法 >> 政治哲学・西洋政治思想史

ジャンル : 社会 >> 社会学・社会理論

ホッブズ、カール・シュミット、長谷川如是閑を軸に西欧と日本の政治思想を縦横に研究し、翻訳もふくめて膨大な業績を残してきた著者の、半世紀を超える思想史研究者としての知的自伝。幼年期から陸軍経理学校を経て大学教師、政治思想史家となり、筑波大学闘争をはじめ、丸山眞男、藤田省三ら社会科学系の多数の著名学者との出会い、研究会等をつうじての学問交流、交遊を記録した、戦後思想のユニークな裏面史。

目次

はじめに──「世界の歴史」と「自分の歴史」(如是閑)

第一部 敗戦から「哲学」専攻を目ざすまで──「玉音放送」・「東亜連盟」・「旧制高校時代」
  一、敗戦の日から帰郷まで
     玉音放送   午前十時、作法室にて   異質の人間の発見   残るべきか帰るべきか
     七人の侍   先の見えない不安な日々
  二、「東亜連盟」運動から「旧制佐高」(文科乙類)入学まで
     真夜中の焼跡   父の教え 元山にて   内地、佐賀中学へ、劣等生経験
     敗者復活戦と劣等生のメリット   三人の親友   エリート籾井塾   佐中生の集会場
     伯父一家の帰国   政治とのかかわり   石原莞爾を知る   三上卓、古賀清志現わる
     小磯国昭・荒木貞夫への手紙   板垣征四郎、山下奉文   ソ連参戦への誘い
     鷲崎研太とは何者か   高校受験の失敗   緊急避難、東京へ   陸海軍の試験風景
     海機の試験風景   陸経の面接   入校直前の風景   陸軍経理学校の友人たち
     貧乏生活のはじまり   「東亜連盟」への

関連書籍

ナショナリズムとデモクラシー

ナショナリズムとデモクラシー

田中浩

定価: 本体2,400円+税    ISBN: 978-4-624-30112-5    発行日: 2010年3月20日

本書の関連書籍

思想学の現在と未来

思想学の現在と未来

ジャンル : 政治・法 >> 政治哲学・西洋政治思想史

ジャンル : 政治・法 >> 日本政治思想史

ジャンル : 哲学・思想 >> 思想史・精神史

田中浩

定価: 本体2,400円+税    ISBN: 978-4-624-30108-8    発行日: 2009年1月30日

本書の関連書籍