HOME >> 公共善の政治学

書籍詳細

公共善の政治学

ウェーバー政治思想の原理論的再構成

公共善の政治学

定価:本体4,500円+税

ISBN:978-4-624-30105-7

ISBN[10桁]:4-624-30105-6

発行日:2007年12月20日

判型:A5上製

ページ:334

Cコード:C0031

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

雀部幸隆

ジャンル : 政治・法 >> 政治学・政治理論

ジャンル : 社会

マックス・ウェーバーに政治学はあるのか、という素朴な批判に抗して著者は、その政治学がそれぞれの国の歴史的・地政学的諸条件にもとづく「公共善」の追求という観点から独自の政治学が存在し、それは西欧政治学の伝統に立脚するとともに現代政治学にも重要な視角を提供すると主張する。第二帝制期からワイマール期へかけてのドイツ政治に深くコミットしたウェーバーの現実的で柔軟な政治思想にあらためて光をあてた力作。

目次

序 ウェーバーに政治学はあるか
 一 ウェーバーにおける「政治的科学」への自意識
 二 ウェーバーの「政治的科学」を現代にも通用する政治学として読む条件
 三 本書の構成


第一部 ウェーバーの政治論説をどう読むか

 一 ウェーバーにおける政治の枢要な位置
  (一)ウェーバーの政治との深いかかわり
  (二)ウェーバーの政治論説の読みにくさ
  (三)ウェーバーの政治にたいする基本的立脚点
 二 W・J・モムゼンのウェーバー批判
  (一)モムゼンのウェーバー批判の基本視点
  (二)モムゼンのウェーバー批判の結論と「われわれ」のディレンマ
 三 ウェーバーのライヒ大統領制論にたいするモムゼンの批判とその問題性
  (一)ウェーバーの大統領制論とワイマール憲法
  (二)モムゼンのウェーバー大統領制論批判とその問題点
 四 ワイマール末期の大統領政府体制をどう見るか
  (一)大統領政府体制の不可避性
  (二)国家の統治可能性を保障する唯一の手段としての大統領政府体制
  (三)委任的独裁か主権的独裁か
 結語