HOME >> デモクラシーとナショナリズム

書籍詳細

デモクラシーとナショナリズム

アジアと欧米

デモクラシーとナショナリズム

定価:本体3,200円+税

ISBN:978-4-624-30115-6

発行日:2011年3月31日

判型:A5判並製

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

加藤節

カント、ロベスピエール、ミル、ウェーバーらが描いた「ネイション」への夢と、近現代政治史における「デモス」の危機を相補的に検証し、激動の21世紀におけるトランス・ナショナルなデモクラシーの実現可能性を論じる。米・英・中の研究者を迎えたシンポジウムの成果。

目次

試練に立つデモクラシー――冷戦後の世界(加藤 節)
デモクラシーとナショナリズム――アジア政治の未来における財か、あるいは制約か(ジョン・ダン)
致命的な多義性――冷戦対立・アメリカの民主化推進レトリック・発展途上地域における国家建設(マイケル・アダス)
カントの「ナショナリズム」――ドイツとコスモポリタニズムとのはざまで(愛甲雄一)
フランス革命におけるデモクラシーの構想――シェイエスとロベスピエールとの比較を通して(ルス・スカー)
J・S・ミルにおける内政不干渉原則の再検討(三宅麻理)
マックス・ウェーバーにおける〈合理化〉と〈二〇世紀〉の政治――ナショナリズムとデモクラシーへの一つの視座として(亀嶋庸一)
冷戦初期の「民族」と「民主」(孫 歌)
中国のナショナリズム――古代と近代(唐 士其)
現代日本の〈ナショナリズム〉(平石直昭)