HOME >> EUを考える

書籍詳細

EUを考える

EUを考える

定価:本体2,400円+税

ISBN:978-4-624-30116-3

発行日:2011年9月15日

判型:四六判並製

ページ:246

Cコード:C3030

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

田中浩

ジャンル : 政治・法 >> 政治学・政治理論

ジャンル : 政治・法 >> 政治哲学・西洋政治思想史

ジャンル : 政治・法 >> 行政・労働

〔現代世界――その思想と歴史3〕 現代世界におけるもっとも重要な政治・経済共同体のひとつであるEU。経済通貨統合、司法協力、外交・安全保障、そして福祉・環境・メディア政策まで、その喫緊の課題を12名の論者が考察し、好評を博した「未来」リレー連載を単行本化。ギリシア経済危機と東方拡大をめぐる議論が紛糾するなか、新たな中期戦略「ヨーロッパ2020」とともに再スタートをきったEUのこれからを展望する充実の書。

目次

EUの実験――その思想的・歴史的前提 (田中浩、聖学院大教授、一橋大名誉教授)
社会的ヨーロッパと新しい福祉政治 (田中拓道、一橋大准教授)
リスボン戦略の十年でEUはどう変わったか――金融によって支配される蓄積レジームの危機 (中村健吾、大阪市立大教授)
気候安全保障に取り組むEU――EU共通外交安全保障政策の新たな展開 (上原史子、成蹊大ほか講師)
EUのメディア政策――「ヨーロッパ人」の誕生に向けて (鈴木弘貴、十文字学園女子大教授)
福祉国家改革における「現代化」と「活性化」について――オランダの事例を中心に (廣瀬真理子、東海大学教授)
ベルギーと欧州統合――EU大統領・その後のベルギー (松尾秀哉、聖学院大准教授)
EU東方拡大とユーゴスラヴィア――その歴史的意味を探る (岡本和彦、東京成徳大准教授)
ヨーロッパにおける領域的空間の変質――オーレスンド・リージョンの事例に沿って (穴見明、大東文化大教授)
ヨーロッパのなかのイギリス―その「特別な関係」 (グレン・D・フック、英シェフィールド大教授)
社会的包摂とEUのガバナンス (宮本太郎、北海道大教授)
欧州連合の歩む遠い道――そのシンボルの光と影 (大木雅夫、聖学院大教授、上智大名誉教授)

関連書籍

リベラル・デモクラシーとソーシャル・デモクラシー

リベラル・デモクラシーとソーシャル・デモクラシー

ジャンル : 政治・法 >> 政治学・政治理論

田中浩

定価: 本体2,400円+税    ISBN: 978-4-624-30118-7    発行日: 2013年1月30日

本書の関連書籍

ナショナリズムとデモクラシー

ナショナリズムとデモクラシー

田中浩

定価: 本体2,400円+税    ISBN: 978-4-624-30112-5    発行日: 2010年3月20日

本書の関連書籍

思想学の現在と未来

思想学の現在と未来

ジャンル : 政治・法 >> 政治哲学・西洋政治思想史

ジャンル : 政治・法 >> 日本政治思想史

ジャンル : 哲学・思想 >> 思想史・精神史

田中浩

定価: 本体2,400円+税    ISBN: 978-4-624-30108-8    発行日: 2009年1月30日

本書の関連書籍