HOME >> 帝政ロシアの農業問題

書籍詳細

帝政ロシアの農業問題

土地不足・村落共同体・農村工業

帝政ロシアの農業問題

定価:本体6,800円+税

ISBN:978-4-624-32161-1

ISBN[10桁]:4-624-32161-8

発行日:2000年3月15日

判型:A5

ページ:390

Cコード:C3033

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

佐藤芳行

ジャンル : 歴史 >> ロシア史・ロシア研究

ジャンル : 経済 >> 労働経済・農業経済

19世紀末~20世紀初頭の帝政ロシアにおける農業危機(特に農村過剰人口)とそれをめぐる社会政策論争を、村落共同体(オプシチーナ)と農村工業(手工業とクスターリ工業)を中心に実証的に分析。革命後まで深く影響している、ロシア社会の発展を左右した農業・農村問題の本質的な特徴を解明した労作。

目次

はじめに

第一章 西部地方における農業と工業の発展傾向
 一 沿バルト地域
 二 西部地方(リトアニア・白ロシア・ウクライナ)

第二章 ロシア諸県における農業制度と農業問題
 一 オプシチーナとドヴォール
  (1) ロシア諸県における農奴解放令の一般的規定
  (2) 農民世帯、オプシチーナと親族システム
 二 オプシチーナにおける土地割替をめぐる状況
 三 「土地不足」と「農村過剰人口」の問題の発生
 四 「土地不足」と農村過剰人工をめぐる議論
 五 農業生産の長期的動向
 六 ロシア帝国における私有地の状態

第三章 農村における小工業の状態
 一 一九世紀中葉における在来工業の状態
  (1) 都市における手工業の状態
  (2) 農村小工業(手工業とクスターリ工業)の発展
 二 農奴解放後における農村小工業の変化
  (1) 手工業
  (2) クスターリ工業(家内小工業)
 三 一九世紀末─二十世紀初頭における発展傾向
 四 農民世帯における農業と工業

第四章 一九〇五/〇六年の革命とその帰結
 一 農業・土地問題をめぐる諸党派の対抗
 二 政府の土地政策とその一般的結果
  (1) ストルィピン土地立法の一般的規定
  (2) 政府の土地政策