HOME >> 「ジェンダーと開発」論の形成と展開

書籍詳細

「ジェンダーと開発」論の形成と展開

経済学のジェンダー化への試み

「ジェンダーと開発」論の形成と展開

定価:本体3,800円+税

ISBN:978-4-624-32171-0

ISBN[10桁]:4-624-32171-5

発行日:2005年5月27日

判型:A5判並製

ページ:318

Cコード:C0033

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

村松安子

ボスラップ『経済開発における女性の役割』以後の「女性と開発」「ジェンダーと開発」論の形成・展開過程を検証しながら、「ジェンダー」「エンパワーメント」「ジェンダー主流化」を人間開発実現の鍵概念として確認し、マクロ経済学・経済学にジェンダー視点を取り入れる必要を強調。その導入点として「ジェンダー予算」分析を提起する。経済の転換期がもつジェンダー含意を実証分析した中国・インドネシア・日本の事例研究を収録。

目次

序章 新しい分野としての「ジェンダーと開発」
 1 「ジェンダーと開発」のあゆみ
 (1) ボズラップから35年
 (2) 国連世界女性会議から30年
 (3) 「分野別(開発と女性)援助研究会」の発足(1990年)
 (4) 国連開発計画『人間開発報告書』(1990年)
 (5) 北京会議からの10年
 2 「ジェンダーと開発」へのあゆみ
 3 新しい分野としての「ジェンダーと開発」

第一章 開発・ジェンダー・エンパワーメント
 1 新しいヴィジョンの誕生
 (1) 国際社会のヴィジョン作り
 (2) 開発発展パラダイムの変化
 2 変革の主体としての女性
 (1) エンパワーメント
 (2) 女性からジェンダーへ
 3 ジェンダーとエンパワーメントの視点から開発を考え直す
 (1) ジェンダー視点からの開発の代替構想──DAWNのヴィジョン
 (2) 開発にお目留ジェンダー・女性の「不可視性」
 (3) アフリカの事例
 4 フェミニスト経済学者たちの挑戦

第二章 女性と社会開発──理論と政策的課題
 はじめに
 (1) 社会開発と女性
 (2) 新しい世界ヴィジョンと世界女性会議
 1 「女性と開発」(WID)から「ジェンダーと開発」(GAD)へ
 (1) WIDの成立
 (2)実践領域(開発援助・協力)とし第四章 農村転換期における女性──WIDの視点から
 はじめに
 1 生産的労働の指標
 2 時間配分分析
 3 技術革新の影響
 4 分析の理論的枠組
 (1) 概観
 (2) 新しい家計の経済学
 (3) マルクス主義フェミニズム
 おわりに

第五章 マクロ経済政策とジェンダー
 はじめに
 1 ミクロからメゾ/マクロ段階におけるジェンダー分析へ
 (1) ミクロのジェンダー分析
 (2) マクロ/メゾ段階のジェンダー分析
 2 マクロ経済政策とその成果に現われるジェンダーの非対称性
 3 調整過程としてのメゾ段階ではたらく男性バイアス
 4 マクロ段階ではたらく男性バイアス
 5 ジェンダー統計の必要性と国際協力

第六章 マクロ経済学のジェンダー化を目指すジェンダー予算
 1 日本政府のジェンダー平等政策
 2 ジェンダー予算とは何か
 (1) 「ジェンダー予算」分析とは
 (2) なぜジェンダー分析が必要か
 (3) ジェンダー主流化の手段としてのジェンダー予算
 3 ジェンダー予算分析の展開過程と多様性
 (1) ジェンダー予算分析の展開過程──マクロ経済政策のジェンダー化への導入点
 (2) 「北京行動綱領」「成果文書」とジェンダー予算
 (3) ジェンダー予算モデルの
 (5) 労働力の都市化
 (6) 農業の役割の低下
 (7) 労働力の「公正化」
 3 インドネシアの女性政策
 (1) 経済計画に明示された女性政策
 (2) 女性の役割担当国務大臣室の機能と活動
 (3) 女性の役割担当国務大臣室の限界とめざすべき方向
 4インドネシアにおける女性学の成立と展開
 (1) 大学の教科としての女性学
 (2) 女性の役割担当国務大臣室が推進する女性学センターの設立
 (3) 大学院教育
 5 女性を支援するNGO活動
 (1) 限定されるNGOsの活動領域
 (2) 3つのタイプのNGOs

第九章 日本の私企業部門における女性の雇用管理──主要企業10社の事例
 1 概観
 (1) 女性管理職者の現況
 (2) 管理職階への高い障害
 (3) 研修機会・賃金格差・定年
 2 日本の私企業部門における方針・政策決定にかかわる女性たち──主要企業10社の場合
 (1) サンプル企業
 (2) 情報収集の手順
 (3) 対象企業における方針・政策決定にかかわる女性たち
 (4) 女性管理職者比率のもっとも高い企業
 (5) 女性社員の継続勤務を奨励する企業
 (6) 研修と賃金格差

あとがき
初出一覧
付録 ジェンダー予算の分析ツール
引用・参考文献
索引