HOME >> 独露比較農民史論の射程

書籍詳細

独露比較農民史論の射程

メーザーとハックストハウゼン

独露比較農民史論の射程

定価:本体3,200円+税

ISBN:978-4-624-32174-1

発行日:2018年9月10日

判型:四六判/岸顯樹郎

ページ:230

Cコード:C0033

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

肥前榮一

ジャンル : 経済 >> 労働経済・農業経済

ジャンル : 歴史 >> ロシア史・ロシア研究

『ドイツとロシア――比較社会経済史の一領域』で1986年の日経経済図書文化賞を受賞した著者のその後の研究『比較史のなかのドイツ農村社会――「ドイツとロシア」再考』をさらに発展させ、著者の理論の根幹をなすハックストハウゼンの貴重な論説の翻訳をふくむ、コンパクトながらも著者独自のドイツ・ロシア研究の最終到達点を明らかにする。大塚久雄、小林昇といった先達への批判的検証もくわえ、論争的視点も同時に提示する渾身の一冊。

目次

I ドイツ農民論
  一、(論説)ユストゥス・メーザーの国家株式論について――北西ドイツ農村定住史の理論化――
  二、(翻訳)アウグスト・フォン・ハックストハウゼン「ドイツ農民論」
II 独露比較農民史
  一、(論説)アウグスト・フォン・ハックストハウゼンの独露村落共同体比較論
  二、(翻訳)アウグスト・フォン・ハックストハウゼン「ロシア旅行記」抄
III 比較農民史の射程
  一、ゲーテが敬愛した文人政治家メーザー
  二、ヘイナル―ミッテラウアー線に照らしてみた日本
  三、私はどのように大塚史学を受容したか

著者略歴

1935年、神戸市生まれ。
1962年、京都大学大学院経済学研究科博士課程修了。
東京大学名誉教授。
著書――『ドイツ経済政策史序説――プロイセン的進化の史的構造――』(未來社、1973年)、『ドイツとロシア――比較社会経済史の一領域――』(未來社、1986年[新装版、1997年])。『比較史のなかのドイツ農村社会――『ドイツとロシア』再考――』(未来社、2008年)。
訳書――ローザ・ルクセンブルク『ポーランドの産業的発展』(未來社、1970年)、マックス・ヴェーバー『東エルベ・ドイツにおける農業労働者の状態』(未來社、2003年)。
共訳書――ジョージ・バークリ『問いただす人』(東京大学出版会、1971年)、ハンス-ウルリッヒ・ヴェーラー『ドイツ帝国 1871-1918年』(未來社、1983年[復刊、2000年])、G. アムブロジウス/W. ハバード『20世紀ヨーロッパ社会経済史』(名古屋大学出版会、1991年)、ユルゲン・コッカ『歴史と啓蒙』(未來社、1994年)、マックス・ヴェーバー『ロシア革命論II――ロシアの外見的立憲制への移行――』(名古屋大学出版会、1998年)、ユストゥス・メーザー『郷土愛の夢』(京都大学学術出版会、2009年)。