HOME >> 自由・権力・民主的計画

書籍詳細

自由・権力・民主的計画

自由・権力・民主的計画

定価:本体5,000円+税

ISBN:978-4-624-40036-1

ISBN[10桁]:4-624-40036-4

発行日:2000年5月25日

元版年:1971

判型:A5

ページ:532

Cコード:C0036

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

カール・マンハイム
池田秀男

ジャンル : 社会 >> 社会学・社会理論

ジャンル : 哲学・思想 >> ドイツ哲学

H・ガースとE・ブラムシュテッドによって整理された著者の遺稿集。社会学・政治学・歴史学・教育学等、多岐にわたる思索の体系的総括。

目次

序          A.ローウェ
  マンハイムの著作に関する覚え書き  E.K.ブラムシュテッド/H.ガーデス
   原著者序
第一部 状況の診断
 第一章 危機の主要な徴候
  一 少数者支配を助長する新しい社会的技術
  二 新しい技術と権力複合体
  三 地域共同体的経済から自由競争を経て独占まで
  四 自己規制的小集団の転置
  五 伝統的な集団統制の解体
  六 大規模な整合化の失敗
  七 協同的統制の解体
  八 階級対立の破壊的効果
  九 パースナリティの解体
 一〇 合意と宗教的紐帯の解体
 第二章 状況に対する反応の選択
  一 全体主義的反応
  二 ファシズムの悲観主義的見方
  三 マルクス主義のユートピア的な希望
  四 民主的計画をめざして
  五 新型式の出現
第二部 民主的計画と制度の変化
 第三章 権力論―政治社会学に対する一章
  一 自由と社会秩序
  二 民主的権力論をめざして
  三 権力の三つの基本形式
  四 権力と人格的諸関係
  五 権力機能の集中化
  六 有益な教訓
  七 権力集団の集中化
  八 共同体感情の本質と権力
  九 機能的権力と共同体的権力の疎隔
 一〇 現代の基の長所
  四 民主主義過程
第三部 新しい人間―新しい価値
 第七章 慣習から社会科学へ
  一 社会的教育の概念
  二 人間行動の新しい科学
  三 人格的関係、第一次集団、およびそれらの教育的意義
  四 組織集団とその教育的衝撃
  五 若干の社会制度とその教育的衝撃
  六 若干の社会的機制とその教育的衝撃―競争と協同
 第八章 民主的行動型式
  一 統合的行動の概念
  二 責任性の主観的局面
  三 責任性の客観的側面
  四 旧制度の瓦解
 第九章 民主的パースナリティ型式
  一 性格発達の歴史的型式
  二 民主的パースナリティと行動の理想
  三 民主主義哲学に反映されている民主的パースナリティ論
  四 野蛮へ逆行する脅威
  五 民主的人格主義の二重の側面
 第一〇章 基礎作業としての教育
  一 広い学校の概念とその課題
  二 変化のための教育
  三 生活の民主的解釈
  四 教育計画の連続性
  五 成人教育の新しい課題
  六 民衆大学の課題
  七 大学改革の必要性
  八 民主主義教育の若干の再配分的局面
 第一一章 労働と余暇
  一 労働の誘因と満足
  二 余暇の追求
  三 余暇の再配分的