HOME >> 逆境のなかの記録

書籍詳細

逆境のなかの記録

逆境のなかの記録

定価:本体3,800円+税

ISBN:978-4-624-41022-3

ISBN[10桁]:4-624-41022-X

発行日:2004年7月20日

元版年:1976

判型:A5判並製

ページ:386

Cコード:C0074

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

土本典昭

「私は映画から水俣にふれた。記録作業を通じて水俣病を知った」――。なお撮り残したことがある、と、『医学としての水俣病・三部作』『不知火海』の製作に取りかかったドキュメンタリストの省察はさらに深まる。〈水俣病〉の病像をもとめて、裁判闘争の前線から、医学の臨床・研究現場へ、さらには漁民の生きる不知火の海辺の静謐な情景へと、カメラを移し替えていく。撮れることと撮れないことのあいだに立ち、足踏みする記録者の、思考の軌跡。映画とは、記録とは、人間とは──。『映画は生きものの仕事である』の続篇、鈴木一誌氏による新装版にて復刻! 新装判あとがき「疫学の世界としての不知火海」(書き下ろし、9000字)を追加収録。

目次

I
何故映画か?──わが戦後30年の検証
 “赤心”の履歴
  幻視の「党」を求めて
 “水俣”というヤスリ

II
演出ノート
水俣病の未来像をさぐりつつ
「水俣」から「不知火海」まで
水俣病の病像を求めて

III
水俣から帰って
水俣病についての映画状況報告
逆境のなかの記録
不知火海をみつめて
ドキュメンタリー映画の制作現場における特にカメラマンとの関係について
『医学としての水俣病』三部作は現代の資料である

IV[シナリオ採録]
医学としての水俣病 三部作
  資料・証言篇
  病理・病像篇
  臨床・疫学篇
不知火海

V
ふるさととの再会──映画『不知火海』をつくって……高木隆太郎
生類共生の世界──映画『不知火海』上映に寄せて……石牟礼道子
レアリズムを想う──映画『不知火海』から……原広司
ひとつの思想的事件──映画『医学としての水俣病』と『不知火海』……日高六郎

映画と現実のかかわりについて

あとがき

疫学の世界としての不知火海――新装判あとがき

関連書籍

映画は生きものの仕事である

映画は生きものの仕事である


私論・ドキュメンタリー映画

土本典昭

定価: 本体3,500円+税    ISBN: 978-4-624-71009-5    発行日: 2004年6月30日

本書の関連書籍