HOME >> 暮らしの中に美しい日本語を

書籍詳細

暮らしの中に美しい日本語を

今日から始めませんか 楽しい朗読

暮らしの中に美しい日本語を

定価:本体1,800円+税

ISBN:978-4-624-50092-4

ISBN[10桁]:4-624-50092-X

発行日:1991年4月30日

判型:四六

ページ:266

Cコード:C0036

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

花形恵子

ジャンル : 演劇 >> 演技論・演出論

すぐれた小説や詩、童話を紹介し、言葉を声にすることによって豊かな言葉の世界を自分のものにしていく面白さを語る。〔腹式呼吸法図入

目次

はじめに
朗読をもっと暮らしの中に
 家庭の中にこそ、朗読を
 もっと文章を声にすることを習慣に
 新聞を声にすると、世の中が見えてくる、聞こえてくる
 日常にもっと詩の朗読を
 中高年の方、朗読を楽しみませんか
学校生活の中に朗読を
 「朗読」を「音楽」のように、小学校の独立した授業に
 先生方の教育課程に、なぜ「発声」「朗読」「話術」がないのでしょうか
 音楽の合唱のように「ひびきあい朗読を」
 「子どもに詩を」と願うなら、まず大人がもっと詩を声にしたい
 高校の謝恩会で行われた朗読会
歌は語れ 語りは歌え
 「語り手」としての美空ひばりさん
 女優 山本安英「朗読」の奥行を語る──日常でも心がけたい「五感の錬磨」──
暮らしの中で詩や絵本を声にして楽しむ
 冬の夜、ろうそくを灯して、お話や朗読を
 「読み聞かせ」という言葉、気になりませんか
 子供たちを、お話の原っぱで遊ばせたい
朗読を楽しむへや
 朗読を楽しんでみませんか
  習うより慣れろで、気楽に声を出してみたら?
  自己表現を朗読でする―道具、場所に苦労しません―
  家庭で、学校で、職場で、こんな風に朗読を楽しんでください
  言葉の世界で心を遊ばせる
今、文学は声