HOME >> 戦争責任とジェンダー

書籍詳細

戦争責任とジェンダー

「自由主義史観」と日本軍「慰安婦」問題

戦争責任とジェンダー

定価:本体2,200円+税

ISBN:978-4-624-50120-4

ISBN[10桁]:4-624-50120-9

発行日:1997年8月27日

判型:四六

ページ:248

Cコード:C0036

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

鈴木裕子

「国民基金」政策に次いで登場してきた「自由主義史観」。「慰安婦」問題をめぐる90~97年の働きを検証し、性暴力の視点から戦争責任を問う。

目次

序章 性と侵略――『福岡日日新聞』『門司新報』にみる「からゆき像」
第1章 「自由主義史観」批判
  「慰安婦」の「強制」とは何か
  今、耳傾けて記憶に刻むとき――「従軍慰安婦」削除派のトリック
  「自由主義史観」は時代遅れの男権主義である
  セカンド・レイプにほかならない
  歴史の歪曲「慰安婦」攻撃を許さない
第2章 日本軍「慰安婦」問題の現在
  責任者処罰と「慰安婦」問題
  「慰安婦」問題と戦後賠償運動
  「慰安婦」問題と戦後日本社会
  「慰安婦」問題と国際連帯
  国連・クマラスワミ報告書(「戦時の軍事的性奴隷問題に関する報告書」)の意義
  日本軍「慰安婦」(性奴隷制)問題は「国民基金」では終わらない
  日本軍「慰安婦」(性奴隷制)問題の新段階と反「慰安婦」キャンペーン
終章 戦争責任とジェンダー――「国民年金」を主に
 あとがき
 初出一覧(巻末)

関連書籍

あるフェミニストの告白

あるフェミニストの告白

・サーダウィ 著 / 鳥居千代香

定価: 本体1,500円+税    ISBN: 978-4-624-50084-9    発行日: 1989年7月7日

本書の関連書籍