HOME >> なぜ、女性史を学ぶか──女性史を拓く(5)

書籍詳細

なぜ、女性史を学ぶか──女性史を拓く(5)

なぜ、女性史を学ぶか──女性史を拓く(5)

定価:本体2,000円+税

ISBN:978-4-624-50126-6

ISBN[10桁]:4-624-50126-8

発行日:1999年9月16日

判型:A5

ページ:174

Cコード:C0036

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

なぜ、女性史を学ぶか編集委員会

ジャンル : 女性・生活 >> 女性史・女性論

なぜ、女性史学習は必要か。国立市公民館「女性問題講座『歴史』」発足10年の節目にあたり、市民としてどう学んだかをふりかえり、女性問題学習としての歴史学習のあり方を考える。

目次

まえがき 編集委員会
I 女性問題講座「歴史」の10年
〔表〕10年のテーマ
テーマと時代(年表作成・大芝裕子)
II 歴史主体になる学習――第10期「なぜ、女性史を学ぶか」から 細野律子
III 女と人権をみつめて――「くにたち公民館だより」から
 1 自己をとりもどす歴史学習 青木小夜子
 2 「従軍慰安婦」問題に向き合う 尹貞玉
 3 「産む性」が利用されないために 丸本百合子
 4 裁かれるべきは誰なのか 山崎啓子
 5 映画『町の政治』をふり返って 時枝俊江
 6 変えてこなかったこと 野上美保子
 7 人権こそ国家の目的
IV 女性問題講座「歴史」の学び方――第10期「なぜ、女性を学ぶか」から
 1 女性問題講座「歴史」はどのような学習だったか 笠原洋子
 2 女性問題学習としての歴史の学び方を考える 編集委員会
V 再録■書評『女性史を拓く1・2』 寿岳章子
 あとがきに代えて 細野律子・鈴木裕子
 付・「なぜ、女性史を学ぶか」(一九九八 国立市公民館発行)もくじ

市民の市民による公民館学習論――国立市公民館の学習のあり方について
国立市公民館第21期運営審議会(委員長 圓谷恭子)

関連書籍

「慰安婦」問題と戦後責任

「慰安婦」問題と戦後責任


女性史を拓く4

ジャンル : 女性・生活 >> 女性史・女性論

鈴木裕子

定価: 本体2,200円+税    ISBN: 978-4-624-50117-4    発行日: 1996年7月25日

本書の関連書籍

女と〈戦後50年〉

女と〈戦後50年〉


(女性史を拓く3) 

ジャンル : 女性・生活 >> 女性史・女性論

鈴木裕子

定価: 本体2,200円+税    ISBN: 978-4-624-50114-3    発行日: 1995年12月6日

本書の関連書籍

翼賛と抵抗(女性史を拓く2 )

翼賛と抵抗(女性史を拓く2 )


今、女の社会参加の方向を問う

ジャンル : 女性・生活 >> 女性史・女性論

鈴木裕子

定価: 本体2,000円+税    ISBN: 978-4-624-50082-5    発行日: 1989年6月30日

本書の関連書籍

母と女(女性史を拓く1)

母と女(女性史を拓く1)


平塚らいてう・市川房枝を軸に

ジャンル : 女性・生活 >> 女性史・女性論

鈴木裕子

定価: 本体2,000円+税    ISBN: 978-4-624-50081-8    発行日: 1989年5月25日

本書の関連書籍