HOME >> 近代日本文学への射程

書籍詳細

近代日本文学への射程

その視角と基盤と

近代日本文学への射程

定価:本体3,500円+税

ISBN:978-4-624-60097-6

ISBN[10桁]:4-624-60097-5

発行日:1998年9月20日

判型:四六

ページ:326

Cコード:C0095

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

祖父江昭二

ジャンル : 文学 >> 日本文学研究

ジャンル : 文学 >> 日本文学研究

近代日本の文学者達のアジア観を吟味するI 「近代日本の文学と朝鮮・中国」と、幸徳秋水、河上肇、戸坂潤等を論ずるII 「社会主義的な諸思想を学ぶ」よりなる。

目次

プロローグ
 日本人の発見
  1国文学者・永積安明
  2歴史学者・上原専禄
  3魯迅と山上正義
第一部 近代日本の文学と朝鮮・中国-国民としての反省、文学研究者としての責任-
 わが無知について-日本と朝鮮とアジアと-
 日本のプロレタリア文学と朝鮮・中国-作品を中心としたおぼえ書き-
 近代日本文学と中国
   1夏目漱石『満韓ところゞ』
   2芥川龍之介『支那游記』
   3谷崎潤一郎「上海交游記」その他
   4小牧近江・里村欣三「青天白日の国へ」その他 付・郁達夫「日本の無産階級文芸界同志に訴ふ」
   5村山知義『暴力団記』
   6黒島伝治『武装せる市街』
   7横光利一『上海』
   8阿部知二『北京』
   9石川達三『生きてゐる兵隊』・火野葦平『麦と兵隊』
   10保田与重郎『蒙彊』
   11島木健作『満州紀行』・牛島春子「祝といふ男」
   12竹内好『魯迅』・太宰治『惜別』
 近代日本の文学者と中国-芥川龍之介と谷崎潤一郎-
 日中両国の文学者の「交流」-郁達夫に焦点を当てたおぼえ書き-
 「近代日本文学と中国」芻談
第二部 社会主義的な諸思想を学ぶ-文学研究者ひいては国民の一人として-
 遺産としての「無政府主義

関連書籍

近代日本文学への探索

近代日本文学への探索


その方法と思想と

ジャンル : 文学 >> 日本文学研究

ジャンル : 文学 >> 日本文学研究

祖父江昭二

定価: 本体4,800円+税    ISBN: 978-4-624-60086-0    発行日: 1990年5月10日

本書の関連書籍