HOME >> まど・みちおという詩人の正体

書籍詳細

まど・みちおという詩人の正体

まど・みちおという詩人の正体

予価:本体1,800円+税

ISBN:978-4-624-60122-5

発行日:2019年4月1日

判型:四六判/岸顯樹郎

ページ:162

Cコード:C0092

大橋政人

ジャンル : 文学 >> 詩・詩論

ジャンル : 文学 >> 文芸批評・評論

童謡「ぞうさん」などでよく知られた詩人まど・みちお(1909-2014)と生前交流もあった現代詩人の著者が、まど・みちおを童謡詩人としてばかりでなく、現代詩のなかの異色の詩人としてその神秘主義的側面に光をあてた評論をまとめた第一部「まどさんの形而上詩を読んでみる」と、月刊「未来」に一年にわたって連載した詩的エッセイ「アンイマジナブル」をあわせた洒脱なエッセイ集。

目次

序詩
 ある日のまどさん――まど・みちおさんを偲んで
 まどさんへの質問
 「ふたあつ」
第一部 まど・みちおについて
 まどさんが、まどさんしている――まど・みちお詩画集『とおいところ』を読む
 まどさん九十八歳の新詩集
 吉本隆明×まど・みちお
 「超現実」を気のすむまで不思議がった詩人まど・みちお
 まどさんからの手紙
 まど・みちおという詩人の正体(その1)
 まど・みちおという詩人の正体(その2)
第二部 アンイマジナブルということ
 三好達治「雪」の絵にもかけない美しさ
 比喩でなく、山は動いているのかもしれない
 「殺人チューリップ」と若き日の山村暮鳥
 つるん、つるんの朝、昼、夜
 「人間業」でないものがズボンからはみ出していく
 植物は「いつのまにかの まほう」で大きくなる
 右足が左足を、左足が右足を動かしているのか
 宇宙は丸くて一つ、なんて思っていない?
 吉本隆明は宗教オンチなのか
 いま、「般若心経」が面白い
 「妙好人」と呼ばれる人たちがいた
あとがき