HOME >> 緑色のカーテン

書籍詳細

緑色のカーテン

ドストエフスキイの『白痴』とラファエッロ

緑色のカーテン

定価:本体2,500円+税

ISBN:978-4-624-61035-7

ISBN[10桁]:4-624-61035-0

発行日:2001年8月20日

判型:四六

ページ:242

Cコード:C0098

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

冨岡道子

ジャンル : 芸術・美学 >> 美術史・美術論

ジャンル : 文学 >> 外国文学研究

『白痴』は謎に満ちた長編小説として知られている。作家がこの作品に特別の愛着をもっていたというのはなぜか。また、なぜ作品中「緑」が目立つのか。 『白痴』 構想の成熟過程を「緑」を鍵に分析し、ラファエッロの《システィーナの聖母》から得たイメージを長大なストーリィに発展させていった作品であることを斬新な視点と方法で解明。

目次

 I
1 プロローグ
2 緑の迷路
3 ドストエフスキイとラファエッロ
4 ドストエフスキイとルネッサンス美術
5 『白痴』のあらすじ
6 エマオへの旅
7 ソフィヤに捧げる
8 椅子事件

 II
1 『アンナの日記』
2 緑の環境
3 緑色のシンボル
4 〈緑色のカーテン〉
5 聖母マリアと絶世の美女
6 幼児(おさなご)キリストと「完全に美しい人間」

 III
1 四人の主人公
2 ローマ法王
3 右手の人差し指
4 もう一人の美女
5 二人の童児たち

 IV
1 「緑」のディティール
2 〈水曜日〉
3 〈ロゴージンのスカート〉
4 〈コーリャの襟巻〉
5 〈レーベジェフ家の緑〉
6 〈ロゴージンの家〉
7 〈レーベジェフの別荘〉
8 〈アデライーダの絵のテーマ〉
9 〈エメラルド〉
10 〈ロゴージンのネクタイ〉
11 〈緑色のベンチ〉
12 〈木立〉と〈緑色の掛けぶとん〉
13 エピローグ

[付]

付1 《詩人A・N・マイコフの肖像》