HOME >> ドキュメンタリー映画は語る

書籍詳細

ドキュメンタリー映画は語る

作家インタビューの軌跡

ドキュメンタリー映画は語る

定価:本体4,800円+税

ISBN:978-4-624-71091-0

ISBN[10桁]:4-624-71091-6

発行日:2006年10月5日

判型:A5並製

ページ:494

Cコード:C0074

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

山形国際ドキュメンタリー映画祭東京事務局

ジャンル : 芸術・美学 >> 映画史・映画論

1989年にアジア初の国際ドキュメンタリー映画祭として始まった山形国際ドキュメンタリー映画祭の機関誌「Documentary Box」に14年間連載された、長期にわたる貴重なインタビュー・シリーズ。戦前のメーデー、従軍記録から成田空港建設反対闘争、水俣病、オウム真理教、若者にひろがる右翼運動まで――ドキュメンタリー映画は何を捉えてきたのか。そしていま注目されるセルフ・ドキュメンタリーは何を訴えているのか。日本ドキュメンタリー映画の歴史をたどりながら、その多様性と可能性、映画がといかける問題系がうかびあがる――。

目次

はじめに 矢野和之

第1部 日本ドキュメンタリー映画の黎明
  序 阿部マーク・ノーネス

 プロキノ(日本プロレタリア映画同盟)小森静男、能登節雄
     ――聞き手:牧野守、アーロン・ジェロー
 亀井文夫――解説・構成:牧野守

第2部 岩波映画と出身監督たち
  序 安井喜雄

 羽田澄子――聞き手:阿部マーク・ノーネス
 土本典昭――聞き手:アーロン・ジェロー、安井喜雄
 黒木和雄――聞き手:安井喜雄
 時枝俊江――聞き手:今泉文子

第3部 個から共同体へ、共同体から個へ
  序 石坂健治

 原一男――聞き手:アーロン・ジェロー
 佐藤真――聞き手:阿部マーク・ノーネス
 森達也――聞き手:藤岡朝子

第4部 実験映画と個人映画
  序 村山匡一郎

 鈴木志郎康――聞き手:阿部マーク・ノーネス
 松本俊夫――聞き手:アーロン・ジェロー
 大木裕之――聞き手:アーロン・ジェロー、門間貴志
 川口肇――聞き手:アーロン・ジェロー

第5部 孤高の監督たち
  序 岡田秀則

 柳澤壽男――聞き手:阿部マーク・ノーネス
 松川八洲雄――聞き手・構成:日向寺太郎

第6部 交差する視線
  序 門間貴志

 高嶺剛――聞き手:仲里効
 呉徳