HOME >> カール・シュミット

書籍詳細

田中浩集 第三巻

カール・シュミット

カール・シュミット

定価:本体6,500円+税

ISBN:978-4-624-90043-4

発行日:2014年5月2日

判型:A5判上製函入

ページ:306

Cコード:C0331

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

田中浩

ジャンル : 全集・著作集 >> 政治・法

シリーズ : 田中浩集

〔第七回配本〕
 主権者とは、例外状態にかんして決定を下す者である――

 シュミット以上に妖しげな言葉を使う政治学者がいただろうか。「非常事態」、「友・敵」、「委任独裁」……。数々の用語はときに魅惑的な衝撃を与える。どうして彼は独裁の理論をうち立てたのか。本巻はシュミットの理論を包括的に取り上げ、当時の政治・社会状況に即して構造的に検討を加えることで、彼の理論への根本的批判を企図した、総合的なシュミット論である。

目次


第一章 シュミット――全体国家論の思想構造
第二章 大統領の独裁とヴァイマル共和国の崩壊――憲法第四八条第二項(緊急命令権・非常権 限)をめぐる
第三章 「独裁」と「自由」――「委任独裁」と「主権独裁」
第四章 「神話」と「独裁」の政治理論――例外状態を前面に立てた「独裁」の正当化
第五章 政治の本質――保守主義の「敵・味方」論

補論一 全体主義
補論二 ファシズム
補論三 〈現代独裁論〉考――カール・シュミットの全体主義国家論をめぐって
補論四 「例外状態」と民主主義――「正常」と「異常」のダイナミズム

著者略歴

田中浩(たなか・ひろし)
1926年佐賀県生まれ、一橋大学名誉教授、聖学院大学大学院教授。政治学・政治思想。本シリーズ収録著作のほか、共訳書にホッブズ『リヴァイアサン』『哲学者と法学徒との対話』、シュミット『政治的なものの概念』『政治神学』など多数。