HOME >> 日本リベラリズムの系譜

書籍詳細

田中浩集 第六巻

日本リベラリズムの系譜

日本リベラリズムの系譜

定価:本体6,800円+税

ISBN:978-4-624-90046-5

発行日:2013年8月5日

判型:A5上製函入

ページ:366

Cコード:C0331

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

田中浩

ジャンル : 全集・著作集 >> 政治・法

シリーズ : 田中浩集

〔第4回配本〕近代デモクラシーの中核であるリベラリズムは日本においていかに受容され、いかに国家主義と闘い、いかにその理論を革新・拡大してきたのか。明治啓蒙期・大正デモクラシー期・戦後民主改革期を先導した思想家たちの業績を徹底的に検証し、その理論的継承関係を明らかにする。

目次

第一部 日本リベラリズムの系譜
 第一章 リベラリズムとはなにか
 第二章 福澤諭吉と自由民主主義
 第三章 長谷川如是閑と「社会的」民主主義
 第四章 丸山眞男と戦後民主主義
第二部 現代日本と自由主義
 第五章 明治前期におけるヨーロッパ政治思想の受容状況
 第六章 日本の「アダム・スミス」 田口卯吉
 第七章 「自由国民主義者」 陸羯南

著者略歴

田中浩(たなか・ひろし) 1926年佐賀県生まれ、一橋大学名誉教授、聖学院大学大学院教授。政治学・政治思想。本シリーズ収録著作のほか、共訳書にホッブズ『リヴァイアサン』『哲学者と法学徒との対話』、シュミット『政治的なものの概念』『政治神学』など多数。