HOME >> 有賀喜左衞門著作集第Ⅷ巻 民俗学・社会学方法論

書籍詳細

有賀喜左衞門著作集第Ⅷ巻 民俗学・社会学方法論

有賀喜左衞門著作集第Ⅷ巻 民俗学・社会学方法論

定価:本体6,800円+税

ISBN:978-4-624-90228-5

ISBN[10桁]:4-624-90228-9

発行日:2001年1月30日

元版年:1969

判型:A5判上製函入

ページ:474

Cコード:C3336

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

中野卓 柿崎京一 米地実 編集
有賀喜左衞門

ジャンル : 全集・著作集 >> 社会

シリーズ : 有賀喜左衞門著作集

この巻では特に方法論自体を主題とする論文や著者の方法論を知る上で有用な論文、調査日記などを取り上げる。昭和8年から29年に及ぶ民俗学批判の諸論文や社会学関係のこれらの論文によって、著者の学問の世界への理解は一層深まる。

目次

 第一部 民俗学への評価と批判
   一 民俗学の本願
   二 生活資料の採集について
   三 民俗資料の意味──調査資料論──
   四 民俗学における村落研究の理論
 第二部 社会学方法論
   一 社会関係の基礎構造と類型の意味
   二 社会秩序
   三 全体社会研究の必要
 第三部 都市社会学の課題
   一 都市社会学の課題──村落社会学と関連して──
 第四部 名子の賦役、その他
   一 名子の賦役──小作料の原義──
   二 捨子の話
   三 棄児を通じて見たる関東地方の生活の今昔
   四 村の見方
 第五部 調査日誌
  越後下関紀行
 追 記