HOME >> 有賀喜左衞門著作集第XII巻 文明・文化・文学

書籍詳細

有賀喜左衞門著作集第XII巻 文明・文化・文学

有賀喜左衞門著作集第XII巻 文明・文化・文学

定価:本体7,500円+税

ISBN:978-4-624-90232-2

ISBN[10桁]:4-624-90232-7

発行日:2001年12月15日

元版年:1971

判型:A5判上製函入

ページ:550

Cコード:C3336

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

中野卓 柿崎京一 米地実 編集
有賀喜左衞門

ジャンル : 全集・著作集 >> 社会

シリーズ : 有賀喜左衞門著作集

第二版として増補するこの巻には、生前最後の著書となった『一つの日本文化論──柳田国男に関連して』と、遺著『文明・文化・文学』はじめ、民具・民芸・芸術・教育・福祉関係の諸論考、東京教育大学社会学教室、鈴木榮太郎についての著述、若き日の創作(詩と戯曲)などを収録。

目次

 第一部 文化と文明
   一 民族の心を求めて
   二 民族文化圏について
   三 外国文化と日本文化──新しい文明論──
 第二部 一つの日本文化論──柳田國男に関連して──
   一 日本仏教史の一側面
     (一)ホトケという言葉について
     (二)盆とほかひ
   二 「聟入考」と柳田國男
   三 柳田國男の研究方法について
   四 柳田國男の一国民俗学
   五 澁澤敬三と柳田國男・柳宗悦──『日本常民生活資料叢書』総序──
   六 親類方言について──オヤコとイトコ──
 あとがき
 第三部
   一 社会学と人間
   二 見たこと──学びの出発──
   三 ケースワークの基礎──社会福祉のために──
   四 社会学基礎理論講義
   五 農村社会学ノート
   六 家と奉公人
   七 共同体と現代
   八 日本民具学会の創立について
   九 民具と民芸
  一〇 日本芸術の根底にあるもの
  一一 日本精神と学校教育
  一二 政治と芸術
  一三 東京教