HOME >> 宮本常一著作集第12巻 村の崩壊

書籍詳細

宮本常一著作集第12巻 村の崩壊

宮本常一著作集第12巻 村の崩壊

定価:本体3,200円+税

ISBN:978-4-624-92412-6

ISBN[10桁]:4-624-92412-6

発行日:1972年9月18日

判型:B6判上製函入

ページ:336

Cコード:C0339

在庫僅少

在庫が非常に少ないため、美本がご用意できない場合や、時間差で在庫切れとなる場合がございます。ご希望の方は小社までお電話またはFAX、メールにてお問い合わせ下さい。

【TEL】03-3814-5521
【FAX】03-3814-5596
info@miraisha.co.jp

宮本常一

ジャンル : 全集・著作集 >> 民俗

ジャンル : 民俗・民芸 >> 宮本常一

シリーズ : 宮本常一著作集

目次

村の崩壊

生活をよくするための努力
 佐渡の青年に望む 新生活運動の課題 農村の協同体 それぞれの努力 新しい村づくりへの夢

村生活の意味
 明日の農山村 土着文化 地方文化の振興を 村づくりのヴィジョン 山奥と離島と まず自信の回復を 東京と地方と 下伊那 余目 「中国山地」によせて 僻地のはなし
生活とことば
 ことばと沈黙 方言は生活語 民話の世界 琴線にふれる方言 古きよき村 古きよきものの意味 カエルの声 ふるさとの丘の道 めぐり祈祷 講 村の寄合い

戦後の村
 日本の「ムラ」を考える 百姓を消していった戦後農政 人間社会を模索する村人 あえぎつつ生きる 八方ふさがり

村の崩壊
 私の青年時代 過疎のふるさと 失なわれる連帯意識 暮しの周辺 過去になる村 地域開発と民俗文化 米価の季節に 離農の現状と対策 村を歩いて

あとがき