HOME >> 宮本常一著作集第14巻 山村と国有林

書籍詳細

宮本常一著作集第14巻 山村と国有林

宮本常一著作集第14巻 山村と国有林

定価:本体3,200円+税

ISBN:978-4-624-92414-0

ISBN[10桁]:4-624-92414-2

発行日:1973年7月5日

判型:B6判上製函入

ページ:334

Cコード:C0339

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

宮本常一

ジャンル : 全集・著作集 >> 民俗

ジャンル : 民俗・民芸 >> 宮本常一

シリーズ : 宮本常一著作集

目次

一 調査地の概況
 1 はじめに
 2 調査地と調査者
 3 調査地概観
 4 地形的に見た三類型

二 集落の成立と土地利用
 1 集落の沿革
 2 農業の村
 3 林業の村

三 旧藩時代の林政

四 国有林の成立

五 公有林の成立

六 民有林の成立
 1 共有林
 2 私有林

七 人口の変遷

八 生産構造とその発展
 1 林業村と農業村
 2 経営の発展――三つの型
 3 兼業の位置
 4 開拓地

九 単位制生産力

一〇 交通の発達と林業

一一 農家の林野利用
 1 燃料
 2 採草

一二 林政の確立
 1 地元慣行権の確立
 2 林木払下げ
 3 国有林の直営の展開

一三 国有林経営
 1 直営事業
 2 労務
 3 労賃と労働組織
 4 製炭
 5 林道

一四 民有林経営
 1 公有林
 2 私有林

一五 山村を安定せしむるもの
 1 入村者・離村者
 2 預貯金

一六 国有林と地元民の生活

一七 結び

  あとがき