HOME >> 宮本常一著作集第20巻 海の民

書籍詳細

宮本常一著作集第20巻 海の民

宮本常一著作集第20巻 海の民

定価:本体2,800円+税

ISBN:978-4-624-92420-1

ISBN[10桁]:4-624-92420-7

発行日:1975年12月22日

判型:B6判上製函入

ページ:322

Cコード:C0339

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

宮本常一

ジャンル : 全集・著作集 >> 民俗

ジャンル : 民俗・民芸 >> 宮本常一

シリーズ : 宮本常一著作集

目次

一 海人ものがたり
 1 魏志倭人伝
 2 南方の漁民
 3 海部という地名
 4 古代の海人
 5 内海の海人の生活
 6 船住い
 7 鐘ガ崎の海人
 8 対馬の海人
 9 舳倉の海人
 10 壱岐の海人
 11 志摩の海人
 12 海人の出稼ぎ
 13 海女の仕度
 14 分銅と潜水着の出現
 15 海人の生活の変化

二 釣漁の技術的展開
 1 釣鈎
 2 釣糸
 3 釣具の部品
 4 餌

三 九州の漁業
 1 古代・中世における九州漁民の特色
 2 近世における西海漁業の発展
 3 捕鯨業の展開
 4 漁業資本家の抬頭
 5 網漁
 6 地元民による漁業の発展

四 対馬の漁業制度
 1 漁業権と本戸
 2 寄留の伝統
 3 漁業の共同■と入合■

五 対馬の漁業展開
 1 漁民としての農民
 2 専業漁民
 3 入漁の制度と分家漁民

六 対馬における佐野網の変遷

七 豆酘の漁業
 1 漁場
 2 漁村としての豆酘
 3 漁業の発達

八 鰐浦の沿革

九 瀬戸内海の漁業
 1 今までの研究のあらまし
 2 瀬戸内海漁業の発展
 3 漁民の生活
 4 漁獲物の商品化と網の変化

一〇 安下浦夜話

一一 海賊の島々を行く
 1 村上一族
 2 南北朝時代
 3 海賊の諸将
 4 海賊征伐

一二 村上水軍の夢の跡

一三 帆船ジプシー
 1 青い海に白い帆
 2 サツマイモの力
 3 段々畑にミカン

一四 能登黒島──その社会構造

あとがき