HOME >> 宮本常一著作集第24巻 食生活雑考

書籍詳細

宮本常一著作集第24巻 食生活雑考

宮本常一著作集第24巻 食生活雑考

定価:本体4,500円+税

ISBN:978-4-624-92424-9

ISBN[10桁]:4-624-92424-X

発行日:1977年3月31日

判型:B6判上製函入

ページ:312

Cコード:C0339

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

宮本常一

ジャンル : 全集・著作集 >> 民俗

ジャンル : 民俗・民芸 >> 宮本常一

シリーズ : 宮本常一著作集

目次

一 日本における食事情の変遷

二 食生活雑考
 1 飯のいろいろ
 2 おぜん
 3 食事の回数
 4 五徳と自在鈎
 5 モチとダンゴ
 6 魚を食べる
 7 みそ、しょうゆ
 8 酒もり
 9 お茶
 10 くだもの
 11 大みそかから元旦へ

三 近代の飲食と生活
 第一節 在来の食料構造
  1 幕末の主食物生産と消費の状況
  2 在来食の食べ方
 第二節 開国が食生活に及ぼした影響
  1 新しい食物
  2 加工食料品
  3 飲料と嗜好品
  4 容器
  5 食法
  6 都市と食生活の近代化
 第三節 新しい食べ物、食法の地方浸透
  1 新風うけ入れの態勢
  2 飲食物、嗜好品
  3 食器
  4 洋食
 結び

四 すばらしい食べ方
 1 味噌ブタ
 2 皮つきの猪肉
 3 タイ茶漬
 4 田楽
 5 タラ飯
 6 トロロソバ
 7 石焼き味噌汁
 8 ゴヘイモチ
 9 キリタンポ
 10 時国家のもてなし
 11 コンニャクのさしみ
 12 サツマのあばれ食い

五 日本における調味料の歴史
 1 日本食の特色
 2 主食物と副食物分離
 3 調味料の出現
 4 甘味料
 5 醤と醤油
 6 味噌
 7 漬物と鮓
 8 食物の食べ方
 9 汁物
 10 鱠と刺身
 11 献立
 12 油、砂糖、牛肉
 13 だし
 14 塩辛、塩汁
 15 欧米調味料の浸透

六 食器
 1 調理用具
 2 飲食用具

あとがき