HOME >> 宮本常一著作集第35巻 離島の旅

書籍詳細

宮本常一著作集第35巻 離島の旅

宮本常一著作集第35巻 離島の旅

定価:本体3,200円+税

ISBN:978-4-624-92435-5

ISBN[10桁]:4-624-92435-5

発行日:1986年12月15日

判型:B6判上製函入

ページ:314

Cコード:C0339

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

宮本常一

ジャンル : 全集・著作集 >> 民俗

ジャンル : 民俗・民芸 >> 宮本常一

シリーズ : 宮本常一著作集

目次

離島の旅

第一部 離島の旅
 飛島――北前船ともらい子
 佐渡――金掘残酷物語
 舳倉島――定住した海人
 見島――共同負債
 新島――流人哀話
 佐久島――船稼ぎの島
 直島――領主滅亡への道
 周防大島──歴史と伝説の間
 情島──梶子と精薄児
 対馬──密貿易と拝領奴
 壱岐――たった一軒だけの島
 平戸島──ウィリアム・アダムスと甘藷
 五島・頭ヶ島──カトリック殉教史
 天草──島原の乱とからゆきさん
 種子島──鉄砲伝来
  あとがき

第二部 日本の島々
 学生と島の旅
 漁業と海上交通
 キリシタンと流人
 小さな島の悩み
 観光の意義
 
 解説(田村善次郎)