HOME >> 宮本常一著作集52

書籍詳細

宮本常一著作集52

宮本常一著作集52

定価:本体5,800円+税

ISBN:978-4-624-92452-2

発行日:2021年12月25日

判型:B6判

ページ:420

Cコード:0339

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

宮本常一
田村善次郎

ジャンル : 民俗・民芸 >> 民俗誌・民俗芸能・民俗写真

ジャンル : 民俗・民芸 >> 宮本常一

ジャンル : 全集・著作集 >> 民俗

シリーズ : 宮本常一著作集

著作集40『周防大島民俗誌』の続篇として、書籍・雑誌等に掲載された諸篇、原稿の状態で残されていた「
周防大島民俗聞書稿」「周防大島の建築」、母の喜寿の記念に謄写版印刷で出した『周防大島昔話集』(非売品)を収録。

目次

一 はじめての旅
  はじめての旅/周防大島の無人島/周防沖家室島
二 周防大島民俗聞書稿
  1平郡島 2安下床 3三蒲畑 4和田 5小松町 6沖浦村秋 7白木村大積 8平郡島および安下床浦の村制度
三 周防大島の建築
四 荒神について
五 民俗雑記
  とうせん寺/周防大島における鳥の方言および鳴き声
六 周防大島昔話集

著者略歴

宮本常一(みやもと・つねいち 1907-1981)
山口県屋代島(周防大島)生まれ。大阪府立天王寺師範学校(現大阪教育大学)専攻科卒業。
日本を代表する民俗学者のひとり。柳田國男民俗学から出発し、日本各地のフィールドワークをもとにした膨大な記録と資料を残して、民俗学の発展につとめた。聞書や文献史学など独自の方法で民俗学の新たな局面を開いた。