HOME >> [新版]日本の民話 73 若狭・越前の民話 第二集

書籍詳細

[新版]日本の民話 73 若狭・越前の民話 第二集

[新版]日本の民話 73 若狭・越前の民話 第二集

定価:本体2,000円+税

ISBN:978-4-624-93573-3

発行日:2017年4月19日

判型:四六判並製

Cコード:C0391

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

杉原丈夫 石崎直義

ジャンル : 民俗・民芸 >> 民話・昔話

シリーズ : [新版]日本の民話

〔第25回配本〕

いろり端で親から子へと語りつぐという伝承形式は少なくなったが、出版物等による再話で村よりさらに広い範囲の人びとに伝達できる。七六篇を小学生にも読めるように配慮し再話。

目次

 まえがき

嶺南地方
 かっぱの証文
 孝女いと
 じんべい観音
 大根のびっくりぎょうてん
 へびの知恵
 だらなおじぼん
 垣根の珊瑚
 弘法大師
 猿とカワウソ
 片目のへび
 大力自慢のシイの失敗
 猿の嫁取り
 ごろ池
 姉恋いの鐘
 うそつき名人
 うそのつき納め
 殿さまを化かした狐
 臆病者のけが
 踊る三毛猫
 狐に憑かれた婆さん
 首まきそうめん
 化けの皮あらわしたたぬき
 小心者がかいた恥
 文字問答
 けちんぼの上手
 もうこ来攻
 地底の国
 百本の五徳
 竹藪から出た化けもの
 川太郎がくれたお礼
 金魚に取憑かれた若者
 松原のお辰狐
 うわばみに呑まれた婆さま
 狐にだまされた猿
 天狗をだました木こり
 わらべうた1

嶺北地方
 足羽の宮
 黒 竜
 うるしが渕
 男 水
 野菜を食べた看板の牛
 若宮が渕
 室の長者
 豆がら太鼓
 東尋坊
 玉の江橋
 鹿 島
 ばべんのねこ
 松屋のびんつけ
 もっくりこっくり
 神さまのすもう
 いもほり孝太郎
 飯降山
 銭がめ
 山鳩が見つけた温泉
 竜宮城の入り口
 市 布
 平家村
 七郎左かくぞ
 むじなの仕返し
 どんぶりの鯉
 西行法師
 ぬれもせず
 瓜生権左衛門
 円海の牛
 余川の炭
 水無川
 金の牛
 竜典長者
 ふせり行者
 きよさだ行者
 たら売り地蔵
 夜叉が池
 言うな地蔵
 孫嫡子
 狐と兎の冬の食べもの
 黒鬼に化けて死んだ男
 わらべうた2