HOME >> ニーチェとヴェーバー

書籍詳細

ニーチェとヴェーバー

ニーチェとヴェーバー

定価:本体3,200円+税

ISBN:978-4-624-01114-7

ISBN[10桁]:4-624-01114-7

発行日:1993年2月28日

判型:四六

ページ:276

Cコード:C0010

在庫僅少

在庫が非常に少ないため、美本がご用意できない場合や、時間差で在庫切れとなる場合がございます。ご希望の方は小社までお電話またはFAX、メールにてお問い合わせ下さい。

【TEL】03-3814-5521
【FAX】03-3814-5596
info@miraisha.co.jp

山之内靖

ジャンル : 哲学・思想 >> ヴェーバー

ジャンル : 哲学・思想 >> 思想史・精神史

痛烈なニーチェ批判者であったヴェーバー。しかしその理路に潜むニーチェ的モーメントを丹念に追跡する作業を通じて新たなヴェーバー像が浮かび上がる。精妙かつ大胆な読解。

目次

まえがき-戦後社会科学の終焉とニーチェ問題-
一 ヴェーバーとニーチェ-「宗教社会学」分析序論-
  一 はじめに
  二 フレーシュマンの所説
    〈第一論文〉「ヴェーバーからニーチェへ」
    〈第二論文〉「マックス・ヴェーバー、ユダヤ人およびルサンティマン」
    フレーシュマンの限界
  三 「宗教社会学」の構図
    「世界宗教の経済倫理序論」
    「宗教社会学」
    A 基本線 B 祭司階級支配型と対抗的諸類型 C 現代社会と《意味問題のアポリア》 D 近代官僚制の家産官僚制への収斂 E 対抗的選択肢とその可能性
  四 結語-ヴェーバー研究の現段階-
二 歴史学的形象の呪力剥奪-『権力への意志』と『支配の社会学』(一)
  一 マックス・ヴェーバーと「ニーチェ問題」
  二 不確実性と生の倫理学的根拠づけ
    1 意識の現象学と生物学的還元
    2 定式化された世界・混沌の世界
  三 合理的行為と無意識の領域
    1 中期ヴェーバーの方法論-「歴史的固体」の理念型
    2 後期ヴェーバーの方法