HOME >> ハンナ・アーレントとフェミニズム

書籍詳細

ハンナ・アーレントとフェミニズム

フェミニストはアーレントをどう理解したか

ハンナ・アーレントとフェミニズム

定価:本体3,200円+税

ISBN:978-4-624-01157-4

ISBN[10桁]:4-624-01157-0

発行日:2001年6月15日

判型:A5

ページ:286

Cコード:C0010

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

ボニー・ホーニッグ
岡野八代 志水紀代子

アーレントは、フェミニスト理論にとっていったいいかなる今日性/関連性を持ち得ているのだろうか。ホーニッグ、ディーツ、ピトキン、ベンハビブ、カプラン、ディッシュら気鋭のフェミニストが「フェミニズムにおけるアーレント問題」に焦点を当て、身体、セクシュアリティ、アイデンティティ、欲望、差異、そして政治そのものに必要な諸条件を再考しようとする、刺激的な論集。

目次


日本の読者のみなさんへ                 ボニー・ホーニッグ

日本語版序文                      ボニー・ホーニッグ

第1章 フェミニストによるハンナ・アーレント理解
                          メアリー・G・ディーツ

  ハンナ・アーレントのジェンダー化
  男根中心的なアーレント
  女性中心的なアーレント
  ジェンダーの二項対立の図式を克服すること
  アーレントの政治を(脱)ジェンダー化すること
  実存的に語ること

第2章 画一主義(コンフォーミズム)、家政、そしてブラッブの襲撃
     ──ハンナ・アーレントにおける社会的なるものという概念の起源
                       ハンナ・フェニケル・ピトキン

  『人間の条件』における社会的なるものの概念
  『ラーエル・ファルンハーゲン』における『社会』
  社会的なるものの伝記における起源
  ニューヨーク論文における「社会」
  結論:母であるブラッブ

第3章 パーリアと彼女の影
     ──ハンナ・アーレントによるラーエル・ファルンハーゲンの伝記
              ィッシュ

 本訳書について(岡野八代)
 あとがきにかえて(志水紀代子)
 人名索引

関連書籍

アレント政治思想の再解釈

アレント政治思想の再解釈

マーガレット・カノヴァン 著 / 寺島俊穂 伊藤洋典

定価: 本体5,800円+税    ISBN: 978-4-624-30100-2    発行日: 2004年10月12日

本書の関連書籍