HOME >> 証言のポリティクス

書籍詳細

証言のポリティクス

証言のポリティクス

定価:本体2,200円+税

ISBN:978-4-624-01166-6

ISBN[10桁]:4-624-01166-X

発行日:2004年3月25日

判型:四六判上製

ページ:216

Cコード:C0010

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

高橋哲哉

2000年以降の著述を集成した批評集。さらに深められた『ショアー』論の新展開にはじまり、女性国際戦犯法廷や「慰安婦」問題をめぐる介入的発言、そして、近年、焦眉の懸案事項となりつつある政治の諸問題(天皇制、憲法、国旗・国歌、靖国、日朝関係……)に対する原論的批評まで、哲学的思索に裏打ちされた《他者への応答》が、ポリティクスの火中で、その真価を見せる。声、ジェンダー、証言、記憶、国家、ナショナリティ、歴史、正義、他者……。哲学と政治の交叉するところで、それぞれの案件において、何が真に問題となっているのか──。なし崩し的に「戦時」への針路を辿る現今の政治情勢に抗すべく、ときに論争に応じ、ときに法廷に立ち、状況に積極的に介入した「哲学者・高橋哲哉」の、犀利かつ粘り強い思考と運動の軌跡。哲学の前線──たたかう言葉たちは、ここにある。

目次



エウリュディケーの声――『ショアー』と性的差異の痕跡
 1 ジェノサイド(genocide)か、ジノサイド(gynocide)か?
 2 絶滅の蜃気楼――ファタ・モルガナ
 3 オルフェウスの政治
 4 死者たちの未来、幽霊の未来

トラウマと歴史――アブラハム・ボンバの沈黙について
 1 はじめに
 2 行動化か、徹底操作か
 3 抵抗、転移、反復強迫
 4 プロセスとしての徹底操作
 5 「全面的支配」の幻想

記憶の回帰と証言の時代――フランスの〈戦争の記憶〉についてのノート
 1 序
 2 ヴィシー・シンドローム
 3 ダブル・スタンダード
 4 アルジェリア・シンドロームへ?


II

「人道に対する罪」をめぐる「法-外」な二つの試み
――南アフリカ「真実和解委員会」と「日本軍性奴隷制を裁く女性国際戦犯法廷」をめぐって
 1 はじめに
 2 「法」と「赦し」の狭間で――真実和解委員会
 3 「不処罰」の文化への挑戦――女性国際戦犯法廷
 4 証言の可能性と不可能性

何が直前に消されたか――NHK「問われる戦時性暴力」改変を考える
 1 問題化の経緯
 2 「修正台本版」の何が消されたか
 3 メディアが問われている

「歴史の他者」が「正義」

関連書籍

『ショアー』の衝撃

『ショアー』の衝撃

ジャンル : 哲学・思想 >> 現代思想

ジャンル : 歴史 >> ナチズム研究

鵜飼哲 高橋哲哉

定価: 本体1,800円+税    ISBN: 978-4-624-01131-4    発行日: 1995年6月15日

本書の関連書籍

逆光のロゴス

逆光のロゴス


現代哲学のコンテクスト

ジャンル : 哲学・思想 >> 現代思想

ジャンル : 哲学・思想 >> フランス哲学

高橋哲哉

定価: 本体3,500円+税    ISBN: 978-4-624-01109-3    発行日: 1992年6月25日

本書の関連書籍