HOME >> カントと永遠平和

書籍詳細

カントと永遠平和

世界市民という理念について

カントと永遠平和

定価:本体3,200円+税

ISBN:978-4-624-01168-0

ISBN[10桁]:4-624-01168-6

発行日:2006年1月15日

元版年:2006

判型:A5判並製

ページ:262

Cコード:C0010

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

ジェームズ・ボーマン マティアス・ルッツ-バッハマン
紺野茂樹 田辺俊明 舟場保之

【書物復権2016】
暴力の世界化のなかで、『永遠平和のために』をハーバーマス、ヌスバウムら論客が論じ尽くす。新たな歴史的文脈のもとで蘇るカントの平和論。

目次

序章 ジェームズ・ボーマン、マティアス・ルッツ-バッハマン
 1 グローバル化の「弁証法」
 2 国民主権とグローバル秩序
 3 多元主義、世界市民主義、非リベラル社会の問題
 4 世界市民主義とその批判者たち


I 『永遠平和のために』におけるカントの世界市民理想――歴史的再興

第1章 カントと世界市民主義
    マーサ・ヌスバウム

第2章 カントの平和理念と世界共和国の法哲学的構想
    マティアス・ルッツ-バッハマン


II 人権、国際法、国際秩序――二百年後の世界市民主義

第3章 二百年後から見たカントの永遠平和という理念
    ユルゲン・ハーバーマス

第4章 世界市民の公共圏 ジェームズ・ボーマン
 1 「消極的代替物」としての世界市民的公共圏
 2 世界市民的公共圏、市民社会、政治制度
 世界市民的公共圏――「幻」の世界公衆?
 結論

第5章 道理的な万民の法という理念について
    トーマス・マッカーシー

第6章 カント世界平和構想に対する共同体主義と世界市民主義の挑戦