HOME >> マウマウの娘

書籍詳細

マウマウの娘

あるケニア人女性の回想

マウマウの娘

定価:本体2,600円+税

ISBN:978-4-624-10044-5

ISBN[10桁]:4-624-10044-1

発行日:2007年5月15日

判型:四六上製

ページ:266

Cコード:C0022

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

ワンボイ・ワイヤキ・オティエノ
コーラ・アン・プレスリー 編集・序文
富永智津子

ジャンル : 歴史 >> アフリカ史・アフリカ研究

ジャンル : 女性・生活 >> 女性史・女性論

ジャンル : 歴史 >> 自伝・回想録

マウマウと呼ばれたケニア独立闘争の闘士であり、独立後はケニアの民主化・女性解放運動を続けてきた著者の勇気と波瀾に富んだ自伝。キクユの名門に生まれた少女は、16歳でマウマウの宣誓に加わり解放軍兵士に変身していった。組織活動の内実と共に、自らも受けた植民地国家による性暴力についても生々しく語る。夫の遺体をめぐる「埋葬論争」を機に書かれた本書は、アフリカ人女性の声、現代アフリカ諸国の政治闘争、独立後の植民地的状況を映し出す貴重な記録になっている。編集・序=コーラ・アン・プレスリー。

目次

序 記憶は武器 コーラ・アン・プレスリー

第一章 家族の起源
 クマレ・オレ・レモタカ、またの名「ヒンガ」の出現

第二章 子供時代
 学校時代

第三章 マウマウ運動初期
 都市ゲリラとしての日々
 マウマウ・ガールスカウト
 歌(ニンボ)

第四章 ナイロビの政党政治
 マウマウと労働組合との連携
 ナイロビ人民会議党の活動
 ケニヤッタの日──十月二〇日
 人種差別撤廃のキャンペーン
 ナイロビ人民会議党聖歌隊の役割
 逮捕と尋問
 非常事態後の政治組織
 二回目の非常事態を避けるための弾圧

第五章 ラム島での拘留
 ラム島の拘留センター

第六章 釈放、そしてS・M・オティエノとの結婚
 S・M・オティエノとの結婚

 訳者ノート
  「埋葬論争」 自由の種を蒔く
 訳者あとがき

 参考文献
 本書関連年譜
 行政区とその行政長の職名
 ゲコヨ(キクユ)語と日本語表記対照表
 索引

関連書籍

ネルソン・マンデラ

ネルソン・マンデラ

ジャンル : 歴史 >> 伝記・評伝

ジャック・ラング 著 / 塩谷敬

定価: 本体2,600円+税    ISBN: 978-4-624-11204-2    発行日: 2010年8月10日

本書の関連書籍