HOME >> イングランド人民の歴史

書籍詳細

イングランド人民の歴史

イングランド人民の歴史

定価:本体6,800円+税

ISBN:978-4-624-11031-4

ISBN[10桁]:4-624-11031-5

発行日:1972年12月25日

元版年:1972

判型:A5判上製

ページ:482

Cコード:C0022

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

A・L・モートン
鈴木享 荒川邦彦 浜林正夫

《書物復権2007》 著者モートンの代表作であり、先史時代以来第一次大戦までのイギリス史を、マルクス主義歴史学の方法に立脚して生き生きと描いた唯一の通史として、定評ある名著。

目次

 まえがき

第一章 諸部族とローマ軍団
 一 イベリア人
 二 ケルト族
 三 ローマ支配下のブリテン
 四 ローマのたそがれ

第二章 封建制度の成長
 一 イングランド人の征服
 二 集落
 三 キリスト教
 四 北欧人
 五 サクスン・イングランドの終り

第三章 封建制度下のイングランド
 一 ノルマンの征服
 二 ドゥームズデイ調査時代におけるイングランドの社会構造
 三 国家・バロン・教会
 四 外国との関係
 五 大憲章

第四章 封建制度の衰退
 一 交易と都市
 二 議会の起源
 三 ウェールズ・アイアランド・スコットランド
 四 百年戦争と軍事技術の変革
 五 黒死病
 六 農民一揆
 七 異端者・ロラード派の政治的重要性

第五章 中世の終末
 一 逆説の世紀
 二 議会とランカスタ家
 三 百年戦争──そのII
 四 バラ戦争

第六章 新しい君主政とブルジョワジー
 一 織物工業
 二 地理上の発見
 三 農業革命
 四 テューダ王朝
 五 イングランドの宗教改革
 六 反宗教改革とエリザベス時代の解決

第七章 イングランド革命の原因
 一 スペインとの闘争
 二 特許会社
 三 国王と議会
 四 ピュアリタン
 五 イングランド戦争と民族闘争

第十五章 植民地の拡大
 一 インド
 二 カナダとオーストラリア
 三 エジプト
 四 熱帯および南アフリカ

第十六章 第一次世界大戦の諸原因
 一 帝国主義
 二 三国同盟と三国協商
 三 国内の危機 一九〇六─一九一四年
 四 サラエヴォへの道

第十七章 世界大戦・世界危機
 一 第一次世界大戦
 二 国内戦線

 訳者あとがき
 参考文献
 索引