HOME >> ザンジバルの笛

書籍詳細

ザンジバルの笛

東アフリカ・スワヒリ世界の歴史と文化

ザンジバルの笛

定価:本体2,200円+税

ISBN:978-4-624-11181-6

ISBN[10桁]:4-624-11181-8

発行日:2001年4月20日

判型:四六

ページ:240

Cコード:C0022

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

富永智津子

“ザンジバルで笛ふけば 湖水の人びとが踊りだす”インド洋に浮かぶ島ザンジバルに伝わる俗謡の謎を追ってアフリカ内陸、 インド、 アラビア半島へと旅し、 アフリカの富〈象牙や奴隷〉をめぐるアフリカ・アラブ・インド・ヨーロッパ・アメリカの商人群像、 列強国の動向をはじめ、 この島を舞台に展開したスワヒリ世界の歴史と文化を描く。

目次

    ザンジバルの笛
      ―東アフリカ・スワヒリ社会の歴史と文化―

第一部 スワヒリ社会の歴史
 はじめに

 第一章 スワヒリ世界の夜明け
    1 珊瑚礁の島ザンジバル
        インド洋に浮かぶ島
        王都の面影
        ストーン・タウンの賑わい
        ココ椰子の林の中で
    2 伝説と史実のあいだ──ペルシャ移民「シラジ」の謎
        スワヒリとシラジ
        『キルワ年代記』
        シラジ・モスク
        新年祭「ナイルージ」
    3 ポルトガルの進出とスワヒリ世界
        ヴァスコ・ダ・ガマの到来
        オスマン帝国の影
        オマーン王国の台頭

 第二章 ウスタアラブの光芒
    1 スワヒリ世界の文明開化
        ウスタアラブ
        王都ストーン・タウンの生活──『アラビア王女の回想録』から
        祝 祭
        王女サルマの生涯
    2 スワヒリ世界の経済構造
        貿易構造
        の関税政策
    3 ウスタアラブの光と陰
       会の女性と文化

 はじめに
 第一章 踊り・歌・成女儀礼

    1 踊る女性
        レレママ
        アミナ・マパンデ
        女性史の断面
    2 大衆文化の出現
        タアラブ
        王室とアラブ音楽
        天才女性歌手の登場
    3 成女儀礼
        ウニャゴ
        スワヒリ化のプロセス
    4 平服の登場
        カンガとブイブイ 
        腰布とターバン

 第二章 スワヒリの社会と宗教
    1 少数派の選択
        民族の顔写真
        オマーン支配とイスラーム少数派
    2 社会変動とイスラーム神秘主義
        ストーン・タウンの聖者廟
        ザンジバルのスーフィー教団
        カーディリー教団
    3 病気治しと女性祈祷師
        ムズィム
        守護霊ネットワーク

 終 章 ザンジバル・ノート

    1 綿布・ビーズとウスタアラブの世界
    2 日本・ザンジバル貿易関係
    3 クローヴ産業とザンジバル社会
    4 オマーンの「スワ

関連書籍

アフリカの女性史

アフリカの女性史


ケニア独立闘争とキクユ社会

コーラ・アン・プレスリー 著 / 富永智津子

定価: 本体2,800円+税    ISBN: 978-4-624-11173-1    発行日: 1999年5月28日

本書の関連書籍