HOME >> 議論された過去

書籍詳細

議論された過去

ナチズムに関する事実と論争

議論された過去

定価:本体3,800円+税

ISBN:978-4-624-11191-5

ISBN[10桁]:4-624-11191-5

発行日:2005年12月20日

判型:A5判上製

ページ:350

Cコード:C0022

在庫があります
ご購入はこちらから
  • 紀伊國屋書店 BookWeb
  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 7&Y セブンアンドワイ
  • bk1 オンライン書店ビーケーワン
  • HonyaClub
  • オンライン書店 e-hon

ヴォルフガング・ヴィッパーマン
林功三 柴田敬二

ジャンル : 歴史 >> ナチズム研究

ジャンル : 歴史 >> ドイツ史・ドイツ研究

戦後ドイツの歴史のなかで哲学者・歴史学者からジャーナリストまでを巻き込んで幾度ともなく繰り返されてきたナチズムをめぐる論争を、ベルリン自由大学で教鞭を執る歴史学者にしてナチズム研究家・ヴィッパーマンが、いまあらためて辿り直す。テーマごとに「論争」を総括し「事実」と丹念につきあわせる粘り強い作業をつうじて、ドイツ国家そして国民がどのように負の歴史を背負いつつ、葛藤し応答していったかが、浮かび上がる。「事実」と「論争」の厚みから、政治とは何か、歴史とは何かが見えてくる。

目次

序言

総統国家か、階級国家か、それとも人種国家か?
 当初から今日にいたるまでの第三帝国の理解について
  「ファシズム」だったのか、それとも「ドイツ特有の道」だったのか?
  「ファシズム」だったのか、それとも「全体主義」だったのか?
  「総統国家」だったのか、それとも「多頭支配」だったのか?
  「近代的」国家だったのか?
  歴史家論争からゴールドハーゲン論争まで
  ナチズム研究の今後

テロリズム独裁の樹立
 事実
  ヴァイマル共和国の没落
  テロルと画一統制
  テロルの制度
 論争
  権力奪取か、それとも権力委譲か?
  どんな選択肢があったのか?
  その他の論争
  テロルはどこまで有効だったのか?

外交政策と戦争遂行
 事実
  アンビヴァレントな始まり
  ミュンヒェンとモスクワ
  「電撃戦」
  「絶滅戦争」
  敗北
 論争
  プロパガンダだったのか、それともプログラムだったのか?
  意図的行為だったのか、それとも場当たり的行為だったのか?

関連書籍

暗黒の大陸

暗黒の大陸


ヨーロッパの20世紀

ジャンル : 歴史 >> 西洋史全般

マーク・マゾワー 著 / 中田瑞穂 網谷龍介

定価: 本体5,800円+税    ISBN: 978-4-624-11205-9    発行日: 2015年12月9日

本書の関連書籍

ドイツ戦争責任論争

ドイツ戦争責任論争


ドイツ「再」統一とナチズムの「過去」

ジャンル : 歴史 >> ナチズム研究

ジャンル : 歴史 >> ドイツ史・ドイツ研究

ヴォルフガング・ヴィッパーマン 著 / 増谷英樹 訳者代表

定価: 本体1,800円+税    ISBN: 978-4-624-11175-5    発行日: 1999年11月30日

本書の関連書籍